【Amazonギフト券】1000円分のポイントが貰えるキャンペーン開催中!

コストコのタイヤ交換は安くて安心!充実サービス・アフターケアで得する【キャンペーン速報】

コストコのタイヤ交換は安くて安心!充実サービス・交換後のアフターケアで得する

コストコ(Costco)会員で車のタイヤ交換を検討している方、コストコタイヤセンターでのタイヤ交換がとってもお得なのを知っていましたか?

というのも、少し前に筆者の奥さんがコストコでタイヤを交換していて、その時の経験を元にこの記事を書き上げました。

コストコでタイヤ交換する前にディーラーで見積もりをもらったのですが「適正な価格なのかな?」と思い、市内のカーショップで値段を聞いたところ、ディーラー価格の方が高めだったんですね。

その後、市内のコストコへ買い物に出掛けたのですが「そういえばコストコでもタイヤ交換やってたな」と思い出し、店頭で話を聞いてみました。

奥さんは車についてちんぷんかんぷんなので、話を聞いたのは筆者ですが、タイヤの価格に加えてコストコ独自のサービス(アフターケア)に惹かれ、その場で即決しました。

筆者 マサネコ

取り付け工賃が無料&総額表示で分かりやすく、有料の場合が多い交換後のパンク修理や窒素充填が全て無料サービスに入っているのが凄いですよ。

定期的に開催されているタイヤキャンペーン(フェア)では、プレミアムタイヤフェアや大幅値引きが期待できるスプリング&ウインターフェアなどがあるので、紹介していきます。

開催中の割引キャンペーン 2019年版をチェック

コストコタイヤセンターが入る倉庫店

コストコでは定期的にキャンペーン(フェア)が開催されています

コストコではタイヤセンターの商品を対象とした割引キャンペーンが定期的に行われており、タイヤメーカー「ミシュラン」「ヨコハマ」が交互に対象となっています。

中でも春先に開催される「○○タイヤ スプリングフェア」と、冬タイヤ(スタッドレス)への交換が始まる時期の冬に開催される「○○タイヤ ウインターフェア」の割引率が高いことが多いです。(○○はミシュランかヨコハマ)

筆者 マサネコ

詳しく調べたところ、春と冬に開催されるフェアが最もお得みたいです。

紹介したスプリングフェアとウインターキャンペーンはタイヤの割引に加え、プリペイドカードのプレゼント(引換券)の特典が同時に受けられるもので、割引率は1年を通してトップクラスといわれています。

ここ最近のキャンペーンを見てみると、グレードの高いタイヤが安くなる「プレミアムタイヤフェア」や夏タイヤと冬タイヤのどちらも安くなる「ニューイヤーキャンペーン」などが開催されました。

時期毎の大型連休前やシーズンの変わり目を狙ってキャンペーンが展開されていますが、キャンペーン間が短いのですぐに次のキャンペーンが開催されるような状況です。

2019年に開催中のタイヤキャンペーン・フェア

2019年10月4日(金)~11月4日(月)の期間中(受付分)「ヨコハマタイヤ オータムキャンペーン(YOKOHAMA TIRE AUTUMN CAMPAIGN)」が開催されていました。
(キャンペーン期間中の予約で11月17日(日)までの交換・取付が対象)

※現在は開催されておらず、新情報が入り次第更新していきます。

ヨコハマタイヤを対象として、去年も開催されていたオータムキャンペーンが2019年11月4日までの期間限定で開催。

コストコタイヤセールの中でも割引率が高く、時期的にもスタッドレス(冬タイヤ)がセール対象として入ってきています。

開催中のキャンペーン詳細

  • 14インチ以下:1,400円(夏タイヤ)2,900円(スタッドレス・冬タイヤ)割引
  • 15-16インチ:2,500円(夏タイヤ)4,900円(スタッドレス・冬タイヤ)割引
  • 17インチ:4,900円(夏タイヤ)7,000円(スタッドレス・冬タイヤ)割引
  • タイヤ4本交換=コストコプリペイドカードを5,400円プレゼント
4月12日に撮影したコストコタイヤキャンペーンの店頭案内

コストコタイヤセンターの店頭POP

【キャンペーン履歴:8月19日~9月16日】「ミシュランガイドフェア(MICHELIN GUIDE FAIR)」が開催されていました。

【キャンペーン履歴:7月12日~8月18日】「ピレリタイヤ サマーフェア(PIRELLI TIRE SUMMER FAIR)」が開催されていました。

【キャンペーン履歴:5月24日~6月23日】「ヨコハマタイヤ アーリーサマーキャンペーン」が開催されていました。

【キャンペーン履歴:~5月中旬】「ミシュランタイヤ」4本購入で8,000円のコストコプリカ、「ヨコハマタイヤ」購入で5,400円のプリカがそれぞれ貰えるキャンペーンが開催されていました。

【キャンペーン履歴:2月22日~3月17日】「ヨコハマ&ピレリ・プレミアムタイヤフェア(YOKOHAMA PIRELLI Premium TIRE Fear)」が開催されていました。

【キャンペーン履歴:1月2日~1月20日】「ヨコハマタイヤ ニューイヤーキャンペーン(YOKOHAMA TIRE NEWYEAR CAMPAIGN)」が開催されていました。

【キャンペーン履歴:2018年12月10日~2019年1月6日】「ピレリタイヤキャンペーン(PIRELLI TIRE CAMPAIGN)」が開催されていました。

【キャンペーン履歴:10月15日~12月9日】「ミシュランタイヤ ウィンターフェア(MICHELIN TIRE WINTER FAIR)」が開催されていました。

【キャンペーン履歴:9月14日~10月14日】「ヨコハマタイヤ オータムキャンペーン(YOKOHAMA TIRE AUTUMN CAMPAIGN)」が開催されていました。

タイヤ交換するとプリペイドカードが貰えてお得

コストコタイヤセンター:コストコ プリペイド引換券(5,400円分)

プリペイドカード引換券は捨てずに保管するのが無難

コストコ会員に新規登録&更新時に貰えるコストコ プリペイド引換券(タイヤクーポン)を使えば、コストコで販売されているタイヤが実質5,400円割引となりお得です。

タイヤクーポンを使うメリットとしてはキャンペーンがやっていなくても5,400円割引でタイヤが購入できることで、作業ピットも空いている日が多いのでスムーズにタイヤ交換することが可能です。

引換券を使ってもらったプリペイドカードはコストコ店内での買い物の支払いに使用することができ、キャッシュバックされた残高が0になってもチャージすれば再び使えます。

筆者 マサネコ

実質価格で見るとキャンペーン・フェア開催時の方が値引き+プリペイドカードプレゼントの特典があるのでお得になります。

コストコタイヤの価格、どのタイヤが安い?

コストコタイヤセンター:販売されている売り場の様子

以前、知人から「コストコのタイヤは安くていいよ!」とは聞いていたのですが、実際はどうなのかなー?と半信半疑でした。

しかし、実際に見積もりを取ってみると近隣のカーショップと比べても安く、ディーラーが出した見積もりとは比べるまでもなかったです。

現在、コストコタイヤセンターで取り扱っているタイヤのメーカーは以下の通り。

2019年1月現在の取り扱いメーカー

  • ミシュラン
  • ヨコハマ
  • ブリヂストン
  • BFグッドリッチ
  • ピレリ

2018年4月から新たにピレリというメーカーの取り扱いが始まりましたが、コストコのタイヤで安いのは「ミシュラン」か「ヨコハマ」といわれています。

この下でも紹介していますが、定期的に行われるキャンペーンではミシュランとヨコハマのタイヤが交互に対象となるため、お得に購入することができます。

ブリヂストンなど他メーカーのタイヤも取り扱っていますが、少しでもコストコでタイヤを安く購入したいならミシュラン・ヨコハマをおすすめします。

ツイッターでもミシュランとヨコハマが安いとの声

タイヤの価格表は倉庫店ごとに異なりますが、タイヤの側面に書かれているサイズ(例:225/65R17)を調べてコストコタイヤセンターに電話するか店頭で直接価格を聞くこともできます。

コストコの店内には近隣のカーショップなどで調べた「競合との価格比較」が掲示されていて、コストコのタイヤの方が安いことをアピールしています。

筆者 マサネコ

カーショップもキャッシュバックキャンペーンや交渉次第で値引きしてくれる場合があるので、価格比較表は参考に見ましょう。(工賃とか入れるとコストコの方が安い場合が多いですが…)

ウチの奥さんが乗っている車は軽自動車(ダイハツ・ミライース)ですが、ミシュランの14インチで良さそうなのを選んでくれたので、そのまま交換してもらいました。

総額表示で分かりやすい

コストコで展示されているタイヤですが、タイヤの交換工賃(作業代金)が入った総額が表示価格となっています。

カーショップやディーラーの場合、タイヤ本体の価格(4本分)に数千円の作業工賃が加わった金額が支払い総額です。

コストコのタイヤはバーンと書かれた金額とタイヤ廃棄料金1,040円(260円/1本)を支払うだけなので分かりやすいですよね。

しかも後述するコストコ独自のサービスがタイヤの価格に入っているので、無料で充実のアフターケアを受けることができます。

ウチの場合、5,400円でキャッシュバックされたプリペイドカード分を引くと、ディーラーの見積もり金額よりも約2万円安くタイヤ交換ができたので大満足です。

スペアタイヤも一緒に確認

年式が古い車種に乗っている方でスペアタイヤ(予備の交換用タイヤ)を積んでいる場合、スペアタイヤも一緒に点検してみてはいかがでしょうか?

交換した4本のうち1本がパンクした場合、スペアタイヤと交換する必要があるため、スペアタイヤが悪くなってしまっていては意味がないからです。

スペアタイヤは使っていなくても年月が経つと劣化するので注意が必要です。

万が一に備えるスペアタイヤが気になる方はタイヤ交換のタイミングや車検時に点検してもらいましょう。

タイヤセンターの方が親切で魅力的

個人的な感想ですが、コストコタイヤセンターの従業員の人はほどよい距離感で良い感じの人が多いと感じました。

以前、筆者の車(SUV車)のタイヤ交換の話を聞いたのですが、担当してくれた方に「まだタイヤの溝が残ってるので交換が早いのでは?」と声をかけて頂きました。

その少し前にディーラーで車の点検をしたところ「タイヤ交換が必要ですね。見積もり持ってきます。」と話されたばかりだったので、てっきりすぐに交換しなければいけないと思っていました。

「ディーラーの担当者にいい加減なこと言われたかな?」と少しばかし不信感を抱いてしまったのを覚えています。

ツイッターの投稿ですが、筆者も同じ印象を受けました。

決してディーラーの人が悪いという訳ではありませんが、コストコタイヤセンターの従業員の方は「グイグイ売りに来てる」という感じがなく、こちらの要望に対して忠実に答えてくれる印象が強かったです。

この時はタイヤ交換を見送りましたが、結果的に奥さんの車のタイヤ交換を任せたことは正解だったと思っています。

購入タイヤにはアフターケア付き!独自サービスで交換後も安心

コストコタイヤの永久保証・アフターサービスの詳細

コストコで購入したタイヤといま車に装着されているタイヤを交換する際の作業工賃が無料ということは既いお伝えしましたが、さらにコストコタイヤには購入後にも安心のアフターサービス・永久保証が無料で付いてくるのです。

タイヤの値段に含まれているサービス一覧

  • 取り付け工賃
  • 永久バランス調整
  • 永久ローテーション
  • 永久パンク修理
  • 永久空気圧チェック
  • 新しいゴムバルブ
  • 永久窒素充填

新たにタイヤを購入・交換する際、街のカーショップやディーラーでは「作業工賃」「バランス調整費」がタイヤ本体価格とは別で請求されるのが一般的です。(1本数千円~)

タイヤ本体の価格がいくら安くても工賃を合わせた総額で価格を比較しなければ意味がなく、トータルでコストコよりも高くなるパターンが多いのも事実です。

コストコで購入したタイヤに付いてくる独自サービスの中でも重要な項目を簡単に説明します。(以下詳細)

この中で「タイヤ交換」に関して、有料化されると発表がありましたが一転して無料サービスを継続するようです。→ コストコのタイヤ交換が9月から有料化?無料サービス継続で約4千円がお得になる

タイヤローテーションが永久無料

車種によって異なりますが、主流の「前輪駆動車(FF車)」は前輪を回して車を動かしており、前輪のタイヤの方が早くすり減っていくのが一般的です。

ローテーション作業」とは、前と後ろ(場合によっては左右)をローテションして交換する作業で、コストコで購入したタイヤは作業工賃が無料となります。(カーショップでは4本2000円前後)

ローテーションせずにそのまま走り続けるとFF車の場合、前輪2本のタイヤが先に寿命を迎えてしまうので、マメにローテーションした方が良いとされています。

筆者 マサネコ

コストコではローテーション作業の工賃が無料なので、買い物ついでにピットに入れてローテーションしてもらえば前後左右4本のタイヤをまんべんなく使用できますね。

窒素ガスの充填が永久無料

タイヤに充填する窒素ガスとは、空気の代わりに注入する気体のことを指し、カーショップで充填すると有料です。(4本で2000円前後)

窒素ガスをタイヤに入れるメリットとして窒素ガスはタイヤから抜けにくく、温度差による空気圧の差が少ないので燃費が向上するメリットなどが挙げられます。

また、タイヤの劣化自体も遅くなる効果が期待できるので、窒素ガスを充填できるのであれば窒素ガスを選択したいところです。

コストコタイヤセンターでは窒素ガスしか用意されておらず、タイヤの購入価格に窒素ガスの充填・再充填費用が含まれているので、ある意味ぜいたくな話ですね。

スタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)の交換無料

コストコで購入したタイヤ限定ですが、冬用のスタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)と夏用タイヤの交換(履きかえ)作業も無料です。

スキー・スノーボードなどウインタースポーツを楽しむ人や雪国に暮らす人にとって、スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)と夏タイヤの履きかえ作業は毎年の恒例作業で自分でやらなければ費用がかかります。

しかし、コストコでタイヤを購入していれば、カーショップでは4本で4000円前後かかる交換作業が毎シーズンごとに無料なので、交換工賃を気にする必要がありません。

※交換無料の条件としてタイヤがホイール付きである必要があります。(夏用・冬用でそれぞれホイールに組み込まれた状態で保管して持ち込み。コストコではタイヤ保管サービスはやっていません)

ホイールからタイヤを外す必要がある場合、タイヤ履き替え料金(タイヤ剥がし料金)の支払いが別途必要です。

コストコのタイヤ交換はピットの空き状況を確認

コストコタイヤセンターの外観

コストコでタイヤを購入して交換作業を頼む際、作業ピットが空いている必要があります。

季節の変わり目でもない平日でピットが空いていればすぐにタイヤの交換作業に取りかかれますが、週末や祝日・大型連休中のピットは予約でいっぱいになっている日が多いです。

キャンペーン(フェア)期間中もピットが混む傾向にありますが、前もって電話か店頭で予約をしておけばスムーズに作業が進みます。

電話で交換予約&タイヤの価格を聞きたい場合、車が装着しているタイヤの詳細(サイズ・幅・扁平率・ホイール径・タイヤ外径)を確認する必要がありますが、タイヤの外側にある数日(例:225/65R17)をメモして電話口で伝えましょう。

タイヤ外側のサイズ表記がある写真

汚れていますが、タイヤ外側に表記されています

電話で見積もりが取れるので、手元にディーラーやカーショップで出された見積もりと比べることができますし、比較してコストコのタイヤの方が安ければそのまま日時を確認して予約を取ることも可能です。

作業予約を確認しておけばスムーズに作業が進みますし、いつ行っても混んでいるコストコの駐車場の中で確保された「タイヤセンター専用駐車場(駐車スペース)」に駐車することができるので、何だか嬉しいですよね。

平日の空いている時間帯であればタイヤ価格を聞いた後、そのまま交換作業に入ってくれることが多いので待ち時間がなくておすすめです。

以下、見積もり予約時に必要な全国各地のコストコ倉庫店のタイヤセンター直通電話番号の一覧表です。

各倉庫店のタイヤセンター直通電話番号

タイヤセンター直通電話番号

  • 北海道・札幌店:011-887-5558
  • 山形県・かみのやま店:023-679-8651
  • 宮城県・富谷店:022-348-1148
  • 千葉県・幕張店:043-213-4117
  • 神奈川県・金沢シーサイド店:045-791-6007
  • 神奈川県・川崎店:044-270-1132
  • 埼玉県・入間店:04-2935-2626
  • 埼玉県・新三郷店:048-950-2263
  • 群馬県・前橋店:027-287-4033
  • 群馬県・座間店:046-298-2909
  • 東京都・多摩境店:042-798-6005
  • 茨城県・つくば店:029-850-5609
  • 千葉県・千葉ニュータウン店:0476-48-7625
  • 茨城県・ひたちなか店:029-265-1705
  • 愛知県・中部空港店:0569-38-9007
  • 石川県・野々市店:076-275-8626
  • 富山県・射水店:0766-57-0661
  • 岐阜県・岐阜羽島店:058-398-5519
  • 静岡県・浜松店:053-467-4770
  • 兵庫県・尼崎店:06-6496-1604
  • 京都府・京都八幡店:075-971-3707
  • 兵庫県・神戸店:078-796-2911
  • 大阪府・和泉店:0725-53-5295
  • 広島県・広島店:082-890-0858
  • 福岡県・久山店:092-931-9065
  • 福岡県・北九州店:093-693-6114
上記の各店タイヤセンターへの直通電話番号は2019年5月時点での最新情報です。
最寄りのコストコタイヤセンターの検索や電話が繋がらないなどの場合はコストコホームページ(店舗情報)よりご確認ください。

タイヤ交換の待ち時間はコストコ店内で買い物

無事にタイヤ交換(ローテーションや窒素充填などアフターサービス)を頼めた後、作業終了までの間はコストコの店内をブラブラして待ちましょう。

コストコ会員限定で格安提供されているホットドッグやピザを食べながら待っても良いですし、店内で買い物しても良いと思います。

タイヤ交換・アフターサービスともにピット作業が終了すると連絡がきますので、ピットへ車を取りに行って全行程終了です。