【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

楽天ふるさと納税で最もお得に寄付するやり方!ポイント還元率10倍以上を狙え

楽天ふるさと納税で最もお得に寄付するやり方!ポイント還元率10倍以上を狙え

通販サイト「楽天市場」がサービス提供しているふるさと納税のポータルサイト「楽天ふるさと納税」は寄付額の1%相当額の楽天ポイントが貯まるのでお得です。

初めてふるさと納税する人にもおすすめのポータルサイトで、キャンペーンや楽天カード支払いを併用すれば最大10倍の楽天スーパーポイント還元を受けることもできます。

自分の年収に応じた控除限度額を把握し、上限額ギリギリまで寄付できれば実質2,000円の自己負担金で

  • ふるさと納税の返礼品
  • 所得税と住民税の控除
  • 楽天スーパーポイントでの還元

上記3つのメリットを受けることができるので、楽天会員の方には楽天ふるさと納税の利用をおすすめしています。

ふるさと納税をする上で絶対に理解しておかないといけない「控除限度額」については関連記事で解説しています。

ふるさと納税の前に控除限度額をチェック

筆者 マサネコ

冒頭でも触れましたが、ふるさと納税で得するためには年収(所得)や家族構成によって決められた「控除限度額」を理解しておく必要があります。

ふるさと納税の限度額はすぐ分かる!シミュレーター&早見表で得する限度額をチェック」で説明している控除限度額を超えなければ2,000円の自己負担金のみで返礼品を受け取ることが可能です。

寄付額から2,000円を引いた分の寄付額が所得税から還付+翌年の住民税から控除されるため、返礼品を考慮すれば少なくとも損することはないと言えるでしょう。

楽天ふるさと納税を使うメリットとデメリット

楽天ふるさと納税:ポータルサイトトップページ

初めてのふるさと納税でも楽天市場はおすすめです

楽天市場内のサービスで提供されている「楽天ふるさと納税」は、ふるさと納税ポータルサイトに分類されるウェブサービスです。

寄付先となる自治体と提携して運営されているので、寄付・申告の手間を省けたりポイント還元などのサービスを受けることが可能となっているのが利点。

楽天ふるさと納税が初めてふるさと納税を利用する人にもおすすめな理由は

  • カタログギフト感覚で返礼品を選べる
  • 寄付で楽天ポイントが貯まる
  • 楽天ポイントでも寄付できる

といったところにあります。

楽天会員の人は日常的に楽天カードや楽天ポイントを利用していることが予想されるので、ポイントが貯まる&使えるだけでもメリットとなります。

また、サイト上で返礼品を探しながら寄付先の自治体を選ぶことができるので、名産品や縁の深い食材(肉・魚・野菜・お米・ビール…)がすぐに見つかります。

楽天ふるさと納税のサイト上では「ジャンルで探す」「寄付金の用途から探す」「金額から探す」「地域から探す」「レビュー高評価のお礼の品」の項目が用意されています。

楽天ふるさと納税の検索画面

好きな項目からお礼の品を検索可能です

一方、すべてが完璧なサービスではないのでデメリット(注意点)もあります。

  • 寄付可能な自治体が少ない
  • 楽天IDとふるさと納税が紐付けられる

ふるさと納税できる自治体が若干少ないのはネックですが、楽天ポイントが貯まったりポイントで寄付金を支払えたりするメリットと天秤にかけることになります。

楽天ふるさと納税のサイトに掲載されている自治体は返礼品に力を入れている所が多いと言われていて「お礼の品で寄付先を決める!」って人にはおすすめです。

筆者 マサネコ

寄付できる自治体も確実に増えてきているので、筆者は楽天ふるさと納税を使って寄付先の自治体を探していますよ。

すべての返礼品を把握するのは難しいところですが、「さとふる」といったサイトの方が寄付先の選択肢が広がるのも事実です。

また、楽天に会員登録しなくても寄付は可能ですが、楽天ポイントが還元されず楽天ふるさと納税を利用する意味がなくなるため、会員登録をおすすめします。

楽天ふるさと納税では寄付者は楽天アカウントと紐付けられ、本人以外の利用は禁止されているので、寄付する人のアカウントを利用するようご注意ください。

楽天ふるさと納税で楽天ポイントを貯める方法

楽天市場SPUキャンペーンのトップページ

ポイント制度がややこしいのがネックですが、倍々に貯まります

楽天ふるさと納税が人気の理由の1つに、寄付額に応じて楽天ポイントが貯まる点が挙げられます。

楽天ふるさと納税で寄付する際も通常のお買い物と同じ扱いになるので、最低1%の楽天ポイントが還元されるのは楽天ならではのサービスです。

楽天ポイントのキャンペーン一例

  • 買い回りイベント(楽天スーパーセール・楽天お買い物マラソン)
  • SPU(スーパーポイントアッププログラム)
  • ポンカンキャンペーン

楽天のテレビCMでもバンバンアピールしていますが「SPU」「楽天お買い物マラソン」などのキャンペーンを併用することで、最大十数倍のポイントを獲得できます。

キャンペーン全ての条件を達成するのは現実的ではありませんが、買い回りイベントが開催される楽天スーパーセールやお買い物マラソンの開催時であればポイント10倍以上は十分に狙えます。

限界までポイント還元率を上げておいて楽天ふるさと納税のサイトから寄付するのが最もお得に寄付できる方法です。

マラソン系の買い回りイベントは購入した(買い回った)ショップ数に応じてもらえるポイントが増えていきますが、1自治体で1ショップと認定されるので、キャンペーン期間にふるさと納税をすると貰えるポイントがどんどん増えていきます。

寄付額は人によって異なるので一概には言えませんが、万円単位で寄付するのであれば少なくとも1000円分以上の楽天ポイントが還元されることになります。

筆者 マサネコ

前もって寄付先の自治体を決めておいて、買い回りイベントが開催されたら寄付するのがベストといえます。

楽天カード支払いで最低4%のポイント還元

楽天カード(ANA

楽天カードの用意は必須です

楽天ふるさと納税を利用する上で用意しておきたいのが楽天カードです。

上で紹介したポイントの倍々キャンペーンの条件に楽天カードの利用が含まれているためで、プレミアムカードやゴールドカードだと更にポイント還元率が高くなります。

楽天カードでポイント倍増

  • SPU(スーパーポイントアッププログラム):+2%
  • ポンカンキャンペーン:+1~3%

入会特典として5000ポイントが付与される上、発行までのスピードが早いことでも有名なので、楽天市場を利用するなら作っておいて損はないクレジットカードです。

楽天ふるさと納税は楽天ポイントでも支払い可能

楽天ふるさと納税のメリットでも紹介しましたが、楽天ポイントがたまるだけでなくポイントを使えるのも楽天ならではのサービスです。

通常のお買い物と同じ扱いになるので、楽天ポイント(楽天キャッシュ)を利用して買い物感覚でふるさと納税できるのは楽天だけとなります。

楽天ポイントで寄付した分にもポイントが付与されるので、ポイントが貯まっている楽天会員にとっては理想的な使いみちのような気もします。

楽天バリアブルカードの表面

楽天バリアブルカードのキャンペーンも併用するとお得です

お得に楽天ポイントを獲得する方法に、コンビニで売っている楽天バリアブルカードをキャンペーン期間中に購入する方法があります。

ちょうどふるさと納税をしようとしていた時期と被れば、上手く使うことでさらにお得に寄付することもできます。キャンペーン情報などは関連記事で詳しく紹介しています。

このページでは「楽天ふるさと納税」を利用するメリットやデメリット、楽天ポイントの貯め方などを紹介しました。

初めてのふるさと納税でも返礼品の写真を見ながら寄付先の自治体を探したり、楽天ポイントで支払ったりと楽天ならではのお得な面が多いのが特徴です。

まだ寄付先を決めていない方もサイトを覗いてみると新たな返礼品との出会いがあるかもしれませんよ!