【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

iPhone7PlusからiPhoneXRに変えて気付いた6つのこと。メリット・デメリットを比較

iPhone7PlusからiPhoneXRに変えて気付いた6つのこと。メリット・デメリットを比較

【iPhoneXR購入】オリコアップルローンを初利用。審査通過までに5日かかった経緯」でも紹介していますが、少し前に新型iPhoneのSIMフリー版「iPhoneXR」(レッド・128GB)を購入した筆者です。

以前、使っていた端末はiPhone7Plus(ジェットブラック)でしたが、全面液晶に惹かれる形で機種変更を決意。

この記事では約2年間、iPhone7Plusを使っていた筆者がiPhoneXRに乗り換えて感じたことや比較に加え、日常生活上で使ってみた感想などを書いています。

iPhone7PlusとiPhoneXRを並べて厚さを比較

iPhoneXRは本体が厚く重いのがネック…。

世間の口コミでは色々と言われているiPhoneXRですが、実際に手に取り使ってみると良いところも沢山ありますよ!

iPhoneXRの良い点を抜粋

  • 全画面ディスプレイは視認度アップ(画面が縦に大きくなった)
  • FaceIDは慣れると便利
  • iPhone史上最高の電池持ち

筆者 マサネコ

機種変更しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

iPhone7Plus→iPhoneXRに変えて良かった点

iPhoneXRとiPhone7Plusの比較画像

新型iPhone・iPhoneXRと7Plusを並べた写真

iPhoneXRが発売されてから日が経ち、各キャリア・アップルが販売するSIMフリー版の在庫状況も潤ってきています。

筆者は12月に機種変更しましたが、アップル公式サイト(アップルストア)ではどのカラーも在庫がありすぐに発送可能な状況でした。

色々あり、アップルで注文から分割審査を経て発送~手元に届くまで6日かかりましたが、SIMカードの差し替えもすぐに終わり毎日使っています。

今まで使っていたiPhone7PlusからiPhoneXRに機種変更したことで最も良いと感じたメリットは「本体サイズが少し小さくなったのにディスプレイサイズ(表示領域)が大きくなった」ことです。

筆者 マサネコ

本体が少しだけ小さくなったので持ちやすくなりました。(装着するケースで異なります)

全画面ディスプレイで表示領域が広がった

iPhone7PlusとiPhoneXR:画面サイズの比較

iPhoneXR(右側)の方がベゼルレスで縦長です

先代のiPhoneXから画面下側のTouchID(タッチID)と画面上部がなくなり、その分だけ画面サイズを大きくすることに成功しています。

新型iPhone(iPhoneXS・iPhoneXS MAX・iPhoneXR)は同デザインを採用していて、全機種で画面サイズが大きくなりました。

筆者が購入したiPhoneXRもiPhone7Plusより画面の上下が長くなったことでネット閲覧などが快適になったのはグッドです。

筆者 マサネコ

上の写真を見れば分かりますが、上下のフチがなくなったことで画面サイズが広くなっています。

顔認証・FaceIDの精度が高くて意外と便利

iPhone「FaceID」解錠画面

Face IDは慣れると使いやすいです

画面サイズを大きくする為に指紋認証(TouchID)が廃止されてしまい、iPhoneXRを含む新型iPhoneでは顔認証「FaceID」に統一されたのはご存知の通り。

このFaceIDがマスクをしていたり布団で横になっている時に認証しないと不評の嵐でしたが、実際に使ってみると想像以上に精度が高くて驚きました。

筆者 マサネコ

指紋認証(TouchID)を全機種で廃止したことはメリットでもありデメリットにもなるというのが正直な感想です。

iPhoneを使うシーンにもよりますが、概ね日常生活に支障はなく快適に使えており、2つ目までの顔を登録できることからも使い勝手は良くなったと言えるのではないでしょうか。

FaceIDの精度が高くなったとは言え、布団に入って横になったり(顔半分が歪んだ状態)やマスク、目を瞑るなどすると認識されずパスコードの入力が必須になります。

電池持ちが良くなった

「iPhone史上最高の電池持ち」とも言われているiPhoneXR。

iPhone7Plusを使っていた頃よりも電池の持ちが良くなったと実感していて、会社への出社前に満タン充電→帰宅後に70%~80%代まで残っている日も多々あります。

電池持ちの比較

  • iPhoneXR:11時間
  • iPhoneXS:8時間30分
  • iPhoneXS MAX:9時間30分
  • iPhone7Plus:9時間

電池が長持ちするということは、毎日充電する必要がなくなり災害時にも長く使うことができるので安心できますね。

筆者 マサネコ

今までは毎日充電していましたが、出勤時は2日に1回のペースでの充電で持つようになりました。

使い方にもよりますが、丸2日充電なしでも電池が持つこともあり、電池持ちという点では新型iPhoneの中でも頭1つ突き抜けています。

iPhone7Plus→iPhoneXRに変えて悪かった点

iPhoneXR(レッド)の外箱

iPhoneXRは新型iPhoneの中では兼価版の位置付けですが…

ここまではiPhone7Plusから乗り換えたiPhoneXRについて、替えて良かった点(メリット)を紹介してきましたが、ここから先は逆にあまり良くなかった点(デメリット)をご紹介。

割高と言わざるを得ない本体価格

スペックがやや低い代わりに価格を抑えた兼価版に位置するiPhoneXRですが、最も下の容量の64GBでも約9万2千円(アップルストア:SIMフリー版)という価格設定に「高すぎる!」といった声も挙がるほど。

新型iPhoneの価格表(アップルストア)

  • iPhoneXR:84,800円~(64GB)91,584円(税込)
  • iPhoneXS:112,800円~(64GB)121,824円(税込)
  • iPhoneXS MAX:124,800円~(64GB)134,784円(税込)

最も画面が大きく、高スペックなiPhoneXS MAXにAppleの保証「AppleCare+」を付けると20万円の大台が見えてきそうなほど本体価格が高くなり、パソコンが1台買えてしまうほど。

筆者 マサネコ

筆者が購入したiPhoneXRは税込で98,064円でしたが、スマホ1台で約10万円と考えると、決して安いとは言えません。

新型iPhoneが高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、一般庶民の金銭感覚で考えれば安い買い物でないことは間違いないと思います。

ネット上でも複数のメディアが記事にしていることから、新型iPhoneの本体価格が上がり続けているのは間違いありません。

重くてブ厚い本体にガッカリ

iPhoneXRの発売直後から各所で言われていたことですが、以前のiPhoneと比べても間違いなく重くなっています。

新型iPhoneの重さ

  • iPhoneXR:194g
  • iPhoneXS:177g
  • iPhoneXS MAX:208g
  • iPhone7 Plus:188g

下の比較写真を見ても分かりますが、iPhoneXRはiPhoneXSより17g重く、iPhoneXS MAXより14g軽い本体に加え、以前使っていたiPhone7Plusよりも重く・厚みが増したことでポケットには入れづらいです。

iPhone7PlusとiPhoneXRを並べて厚さを比較

iPhoneXRは本体の厚さがネック

カメラ部分の出っ張り(凸部分)があるため、外側のカメラレンズを保護するためには厚みのあるケースを用意しなければならなくなりました。

iPhoneXR本体背面:カメラの出っ張り

背面カメラレンズが飛び出しており見た目もイマイチ…

iPhoneXRを裸で持ち運び・使う人は少数派だと思いますが、それでも本体の厚みとカメラの出っ張りは見逃せません。

筆者 マサネコ

以前のようにフラットなカメラレンズではないことが悔やまれますが、これは手に取り自分の目で実際に見ないと分からないかもしれません。

iPhoneは毎日持ち歩くデバイスです。1gでも軽い方が良いというのがアンサーだと思われます。(10g重くなっただけでもズッシリ来ますよ)

TouchID(指紋認証)が撤廃された

これも発表当初から騒がれていましたが、残念ながら指紋認証「TouchID」は前世代のiPhone8シリーズで終売となってしまいました。

顔認証「FaceID」の精度が高くなったとは言え、指を押し当てるだけでロックが解除されたTouchIDの利便性には敵わないかもしれません。

iPhoneXRやiPhoneXSなど新型iPhoneが発表される前までは液晶上で指紋認証する技術が搭載される?と噂話もありましたが、残念ながらそのような機能は実装されませんでした。

筆者 マサネコ

発表前の段階で画面サイズやTouchID非搭載という情報が出回り、結果的にはほぼその通りとなりました。
FaceIDで認証されない状況

  • 朝、寝起きの顔で認証されない
  • 布団で横になっていると認証されない
  • マスクやサングラスをつけていると認証されない

これらの状況だとFaceIDで認証されずパスコードの入力が必須となります。

筆者もTouchIDは残して欲しかったというのが本音ですが、今後は顔認証が標準的になっていくことが予想されます。

現在よりも認証精度が高くなっていくのを期待したいところですね。

【結論】iPhone7PlusからiPhoneXRへの機種変更はアリ?

iPhoneXRとiPhone7Plusの比較画像

新型iPhone・iPhoneXRと7Plusを比較

iPhone7PlusからiPhoneXRへの機種変更ですが、最新端末・技術を使ってみたい方にはオススメです。他にも…

iPhoneXR

  • 全画面液晶が気になっている
  • FaceIDを使ってみたい
  • iPhone6・5など古い端末を使っている
  • iPhone7(Plus)のバッテリーなどが劣化してきた

上のどれかに当てはまるのであれば、新型iPhoneを買って後悔することはないでしょう。

スペック面でも基本性能がアップしていることに加え、全画面で表示領域が広がっているので満足できる可能性が高いです。

筆者が実際に両機種を使い、比較して気になった点は「本体がやや重くなった」「TouchID(指紋認証)が無くなった」の2つ。

毎日のように出勤・通学で持ち歩くのに重くなるのはどうしても気になりますし、手に持った時のズッシリ感は否めません。

筆者 マサネコ

TouchIDが無くなったことで操作方法がかなり変わるので、使い初めた頃は戸惑うことばかりだと思います。

操作に関しては3日も触っていればすぐに慣れることができますが、顔認証でロックが解除されない時はストレスに感じるかもしれません。

この辺りも使っていくことで慣れていきますが、個人的にはiPhone7PlusからiPhoneXRに替えたことに概ね満足しています。

本体サイズが厚くなった・重くなった点はマイナスですが、SIMフリー版で10万円を切る価格と選びやすい容量(128GB)があるのはiPhoneXRだけだからです。

iPhone7 Plusよりも少しですが本体が小さくなったことで手に収まりやすくなり、画面サイズ(表示領域)が大きくなったのは機種変更したことのメリットと言えます。

iPhone7Plusから新型iPhone(iPhoneXR)へ替えるのを迷っている方は、家電量販店やアップルストア店頭で実機を触ってみるのが良いです。

手に馴染むフィット感や重さというのは文字では伝わりません。その手に取って触ってみてビビッと来たら買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?