【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

LINE Payのマイカラーをグリーンにする条件&カラー判定条件が判明。新ポイント制度を解説

LINE Payのマイカラーをグリーンにする方法&新ポイント制度を解説。最高還元率を狙うには

追記:8月1日以降の制度内容が変更され、記事全体を追記更新しています。

通信アプリ・LINEが提供する決済サービス「LINE Pay」(ラインペイ)の新ポイントプログラム「マイカラー制度」が2018年6月1日からスタートしました。

これまでのキャンペーンでは、LINE Payカードの支払いで2%のポイント還元でしたが、マイカラーでは利用実績に応じ、グリーン・ブルー・レッド・ホワイトのカラーバッジで判別され、ポイント還元率が0.5~2%に変動する仕組みです。

一見するとポイントプログラムの改悪ですが、2018年8月から1年間はQRコード決済すると「3%のポイントが上乗せ付与」され、クレジットカードより還元率が高くなります。

この記事ではLINE Payのマイカラーやバッジカラー、ポイント制度の仕組み、マイカラーを最高位のグリーンになるための条件について、それぞれ解説していきます。

また、基本的なLINE Payの始め方や使い方といった内容は関連記事にて詳しく解説しています。これからLINE Payを使ってみよう!って方は一緒にご覧ください。

LINE Payの新ポイントプログラム「マイカラー」とは?

LINE Payのロゴ画像

6月1日から新プログラムがスタートしました

LINE Payは2018年5月29日、公式ブログを更新し、LINE Pay 「マイカラープログラム」を6月1日から開始すると発表しました。

従来のキャンペーンでは、LINE Payカードでの支払額の2%がLINEポイントで還元されており、高還元率のプリペイドカードとして人気でしたが、2018年5月末で特典が終了。

新たにスタートしたマイカラープログラムでは、

  • グリーン:最高ランクで従来の2%がポイント還元される
  • ブルー:上から2番目のランク
  • レッド:上から3番目のランク
  • ホワイト:最低ランクでポイント還元なし

と、4つのマイカラーが用意され、前月20日までの利用実績に応じて毎月カラーが変動していく仕組みとなっています。(8月1日以降は前月末の利用実績でカラーが決定に変更)

LINE Pay:マイカラーの4色

グリーン・ブルー・レッド・ホワイトの4色があります

筆者 マサネコ

この先で説明していきますが、LINE Payで決められたカラーによってポイント還元率が大きく異なるため、どうせなら最上位カラーのグリーンを狙いたいところですよね。

自分のマイカラーを確認する方法

LINE Payでマイカラーを振り分けられるためにはまず、LINE Payで銀行口座登録と本人確認をしておく必要があります。LINE Payの始め方はこちらの記事で詳しく解説しているので、登録手続きがまだの方は一緒にご確認ください。

本人確認・銀行口座の登録が済んでいない場合、最もランクが低い「ホワイトカラー」すら付かず、マイカラー無しの状態となってしまいます。(8月1日以降は本人確認が済んでいなくてもカラーが付くように変更されました)

LINE Pay:自分のマイカラーを表示(カラーなしの画面)

手続きしないと、上のようにカラー無しの状態となってしまいます

また、毎月20日までに登録が済んでいないと、マイカラーが付くのが翌々月の1日となってしまいます。LINE Payを活用するなら早めの手続きをおすすめします。

例:7月20日に手続きした場合→8月1日から利用実績に応じたカラーが付く
例:7月21日に手続きした場合→9月1日から利用実績に応じたカラーが付く

※8月1日以降は本人確認が済んでいなくてもカラーが付くように変更され、ホワイトカラーでもポイント還元の対象となります。

また、マイカラーが付いた場合、自分のマイカラーを確認するには、LINE Payの画面から「マイカラー」と書かれたアイコンをタップするだけ。とっても簡単ですね。

LINE Pay:マイカラーを確認する方法を紹介した画像

LINE Payの画面から「マイカラー」をタップします

マイカラー毎のポイント還元率

LINE Payは利用実績に応じたマイカラーが毎月変動していくことはご理解頂けたと思いますが、それぞれのマイカラーに応じたポイント還元率は以下の通りです。

カラー毎のポイント還元率(~7/31)

  • グリーンカラー:LINEポイントで2%還元
  • ブルーカラー:LINEポイントで1%還元
  • レッドカラー:LINEポイントで0.5%還元
  • ホワイトカラー:LINEポイント0%
カラー毎のポイント還元率(8/1~)

  • グリーンカラー:LINEポイントで2%還元
  • ブルーカラー:LINEポイントで1%還元
  • レッドカラー:LINEポイントで0.8%還元
  • ホワイトカラー:LINEポイント0.5%還元

2018年6月に入ってキャンペーンが廃止されましたが、LINE Payカードの支払いで2%の還元率でした。同等の還元率を得るにはマイカラーを「グリーン」まで上げる必要があります。

仮に、8月1日から31日までマイカラーがグリーンになっても、利用実績が良くなければ次の月には別のカラーになってしまうことも考えられるため、ハードルが高いですね。

QRコード決済で最大5%ポイント還元のキャンペーン開催

筆者 マサネコ

上で説明した還元率は通常利用の分ですが、LINE Payは2018年8月からキャンペーンを展開します。

キャンペーン内容は、2018年8月から2019年7月の1年間、カラーバッジ保有ユーザーを対象に3%のポイントを上乗せしてポイント還元してくれるというもの。

キャンペーン対象となるのは、対象店舗でQRコード決済を使って支払うことです。

QRコード決済するだけでポイントが上乗せされ、マイカラーがグリーンの人であれば5%のポイントが付くので、10,000円支払うと500円分のポイントが付与されます。

QRコード決済のキャンペーンポイント

  • グリーンカラー:2%+3%=5%還元
  • ブルーカラー:1%+3%=4%還元
  • レッドカラー:0.8%+3%=3.8%還元
  • ホワイトカラー:0.5%+3%=3.5%還元

また、2018年7月まではLINEポイントが付与されるLINE Payの利用限度額に10万円の上限が定められていましたが、8月からは上限が100万円となります。

つまり、100万円を上限にポイントを溜めることができるので、以前よりかはLINE Payを使えば使うほどポイントで還元されるような形となります。

筆者 マサネコ

100万円分の買い物をLINE PayのQRコード決済で支払った場合、5万円分のポイントが付与されます。結構すごい金額ですよね。
QRコード決済でポイントが上乗せされるキャンペーンの開催期間は2018年8月から2019年7月の1年間です。その後のキャンペーンについては未定となっています。

LINE Payのマイカラーをグリーンにする方法

LINEが各カラーの判定基準を公表(追記)

LINE Payのマイカラーで最上位のランクでポイント還元率が最も優遇されている「グリーン」になる方法(条件)ですが、残念ながら現時点では不明です。(7月23日にマイカラーの判定基準が公表されました)

QR/バーコード支払い、「LINE Pay カード」支払い、オンラインショップでの「LINE Pay」残高支払い、「LINE Pay 請求書支払い」、「LINE Pay 外貨両替」、「韓国ATM両替」、送金、自販機での支払いなどのご利用状況を元に判定されます。

公式サイトLINE公式ブログ:【LINE Pay】新インセンティブプログラムについてのお知らせ

LINE公式ブログによると、QR・バーコード・LINE Payカード支払いの利用状況を元に判定され、翌月1日からのカラーが決定すると書かれていますが、その基準は不明。

「毎月の支払額が○万円以上の場合、○○○○カラーになります」といった条件や明確なカラー判定の基準が公表されていない以上、推測するしかありません。

それに加え、マイカラーがグリーンになった場合でも1ヶ月経過した時点で再び判定が入るため、グリーンバッジを維持するのは難しい可能性もあります。

先述したLINE Pay公式ブログではユーザーからの質問に対し、以下のように回答しており、全体利用者に応じてグリーンになるか判定しているとみられています。

ユーザー全体の利用状況を元に個人のアカウントを判定するため、必ずしも上がるとはいえません。
そのため、全体の利用状況により、各ユーザーの月々の「マイカラー」は変動いたします。

公式サイトLINE公式ブログ:【LINE Pay】新インセンティブプログラムについてのお知らせ

追記:判定基準が公開されたので、以下に追記します。利用金額と送金回数(絶対評価)によってグリーンバッジを狙うことができるようになります。

マイカラーの判定基準(追記項目)

  • グリーンカラー条件:決済10万円以上+送金5人以上(月間)
  • ブルーカラー条件:決済5万円~10万円以下+送金3人以上(月間)
  • レッドカラー条件:決済1万円~5万円以下+送金1人以上(月間)
  • ホワイトカラー条件:決済0円~1万円以下+送金人数不要(月間)

キモは利用頻度と金額?

追記:8月1日以降は決済金額と送金回数によってマイカラーが判定されると発表がありました。以下の内容は過去の参考として残しておきます。

ここまでにご説明した通り、LINE Payのマイカラーは月にいくら使ったからグリーンバッジが付与されるというものではありません。

ツイッターにはマイカラーがグリーンになっている方による様々な意見(マイカラーが上がらない、落ちた、継続した)が投稿されていますが、やはり基準は曖昧なようです。

中には、数百円・数回しか使っていないにも関わらず、グリーンを維持したという方もいることから、判定基準は支払った金額だけではないということでしょうか?

逆に、数万円の支払いを続けている方がグリーンからブルーに落ちたとの報告もあり、完全にブラックボックスと化しているのが分かります。

筆者 マサネコ

それなりに使ったにも関わらず、グリーンから落ちた人の中には利用を止めるといった声も聞かれました。判定基準が非公開なだけに不満がたまりそうですね…。(ユーザーの反応を受けてか、判定基準が明確化されています)

まとめ:マイカラーをグリーンにするには10万円以上の決済が必須

LINE Payのホーム画面

判定基準が明確になったので、グリーンカラーを意図して狙うことができるようになりました

このページでは、2018年6月から開始されたLINE Payの新ポイントプログラム「マイカラー」制度の仕組みや最上位カラー「グリーン」についてご説明してきました。

7月23日付けの公式発表により、マイカラーの判定基準が明確化され、8月1日以降は先月末時点での決済金額と送金回数によってカラーが決まる仕様に変更されました。

新ポイントプログラム「マイカラー制度」では、本人確認が済んでいない・利用実績の低いアカウント(ホワイトカラー)のポイント還元が0.5%に引き上げられると発表。

最高位カラーの「グリーン」に関しても、10万円以上の決済実績と5人以上への送金(毎月)を達成すればカラー認定されると明らかになりました。

筆者 マサネコ

マイカラーの判定基準が不透明だったことを受けての措置だと思われますが、7月末近くの発表・8月施行ということで、LINE Payユーザーからは戸惑いの声が挙がっています。

基本的なLINE Payの始め方や使い方といった内容は関連記事にて詳しく解説しています。これからLINE Payを使ってみよう!って方は一緒にご覧ください。