【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

楽天ペイアプリの使い方と実体験をご紹介!楽天ポイント還元でお得&簡単支払い

楽天ペイアプリの使い方と実体験をご紹介!美容院で驚くほど簡単に支払えた

楽天が新たに始めたキャッシュレスサービス「楽天ペイ(楽天Pay)」で得できる上に超便利だったのでご存知ですか?

iPhone・Androidスマホ向けに提供されているアプリをダウンロードするだけで、街での買い物の支払いに使えるキャッシュレスサービスです。

筆者 マサネコ

楽天ペイとは、コンビニや美容院(サロン)飲食店など提携店で簡単に支払いができる上、支払いで楽天ポイントが貯まる特典があります。

さらに、楽天カードを持っていると通常200円で1ポイントのところ、3倍の3ポイントが別に貰えてとってもお得です。

楽天カードをメイン・サブで使っている方は楽天ペイを経由して支払うだけでポイントの二重取り(+特典ポイント)があるので使わない手はありません。

筆者 マサネコ

筆者も行きつけの美容院(サロン)が楽天ペイ支払いを始めたことを教えてもらい、会計時にダウンロードしたクチです。

楽天カードは登録していたので、楽天ペイのアプリをインストールしてQRコード読み取りで支払うだけ。…こんなに簡単なのに楽天ポイントの二重取りができて超お得ですね。

楽天ペイの支払い完了画面

ほんの数秒で支払えてキャッシュレスなので超便利!

この記事では誰でも簡単に使えてポイントも貯まる楽天ペイの使い方や実際に使ってみた実体験を紹介しています。

こんなに簡単!楽天ペイの仕組み

  • アプリをダウンロード
  • 支払い方法を設定(楽天カードがあれば尚良し)
  • 街の買い物で使って楽天ポイントゲット

これから楽天ペイを使ってみようと思っている方や、興味はあるけど難しそうだからと敬遠している方の参考になると思います。

楽天ペイを使うきっかけ

楽天ペイを使うキッカケになったのは、通っていた美容院(サロン)での支払時。

のレジ横に対応している支払い方法が掲示されているのですが、先月まではなかった「楽天PAY(RPay)」の文字を見つけたからです。

店舗に掲示された楽天ペイの案内板

楽天ペイで支払える案内を掲示

店主に話を聞いてみたところ、ここ最近で支払いに対応したとのこと。楽天ペイで支払うと楽天ポイントが付くことをニュースサイトで見て知っていたのでその場でダウンロード。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.

筆者 マサネコ

通っていた美容院はリクルートのホットペッパービューティー・決済システムを利用していて、楽天ペイ払いにも対応したと言っていましたよ。

楽天ペイのアプリは無料で利用可能。使い方についてはこの先で詳しく解説していますが、アプリをダウンロード・支払い方法の設定・現金不要で支払いといった流れになります。

普段から楽天カードを使っている人なら楽天ペイの支払い方法を楽天カードにするだけで、200円につき通常1ポイントのところ3ポイントが付きます。

電子マネー(チャージタイプ)以外でペイサービスを使っていたのは「アップルペイ」だけでしたが、楽天ポイントユーザーは楽天ペイで払ったほうがお得になりそうです。

2019年2月現在の最新情報で、ポイントの付与率は変更される可能性があります。

楽天ペイの使い方(美容院で使ってみた)

楽天ペイの支払いイメージ

街での買物はバーコードを見せるかQRコードを読み取るだけ(楽天ペイ公式

楽天ペイの使い方は驚くほど簡単で驚きです。

筆者は元から楽天カード(ゴールドカード)を使っていて、楽天IDにカード情報が紐付いていたので楽天IDでログインしたら自動的にカード情報が登録されました。

楽天ペイの使い方

楽天ペイの使い方はとっても簡単

未登録の場合は楽天IDへの登録が必要ですが、楽天ポイントカードも同時に登録できるので楽天ポイントデビューするにはもってこいのアプリです。

楽天ペイの支払い方法

  • コード表示(お店に読み取ってもらう)
  • QRコード読み取り(お店のコードを読み取る)
  • セルフからお店・金額を選んで支払う

筆者が美容院で支払った時はQRコードを読み取りましたが、お店と金額を確認。貯まっていた楽天ポイントを「使う」に設定して支払い完了しました。

楽天アプリ(バーコード表示画面)

楽天ペイアプリのバーコード表示画面

筆者 マサネコ

今回は9,180円の支払いが楽天ポイントを使って7,022円になり、楽天ペイ払いで115ポイントが付与されました。

さらに支払い方法を楽天カードにしているので、カード側でのポイントも付いて二重取りとなります。現金で支払うより圧倒的にお得ですよね。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.

支払い登録できるクレジットカード

楽天ペイアプリの支払いにはクレジットカードを登録する必要があり、

  • 全ての楽天カード
  • Visaカード
  • Mastercard

上記のカード・ブランドを持っていることが登録条件となっています。

2019年2月現在、楽天カード以外のJCBブランドは使えないようです。

やはり楽天がサービス提供しているだけあり、楽天カードの利用者をターゲットに据えている感は拭えません。

しかし、楽天カードならポイントの二重取りできるメリットがありますが、他のブランドカードでも楽天ペイ独自のポイント付与があるので使う価値は高いです。

美容院以外にも街の加盟店で使える

楽天ペイが使えるのは、今回紹介した美容院(サロン)以外にもコンビニ大手「ローソン」「ファミリーマート」「ミニストップ」「ポプラ」が挙げられます。

飲食店などでは大手チェーン店が続々と参入を表明していて、楽天ペイが使えるお店は今後も増え続けることが予想されます。

楽天ペイが使えるお店:大手チェーン店一覧

2019年2月現在、楽天ペイが使えるお店の一部です

この他にも、お住まいの地域でお店を営んでいる・サービスを提供しているお店が楽天ペイの加盟店ならペイサービスを利用して代金を支払うことができます。

筆者 マサネコ

今回利用した街の美容院のように、個人店でも加盟店なら楽天ペイで支払い可能です。楽天ポイントを支払いで使えるのは大きなメリットです。

楽天ペイ払いで楽天ポイントが自動的に貯まる

楽天ペイを使うことのメリットの1つに楽天ポイントが貯まりやすいということが挙げられます。

楽天ペイの支払い完了画面

9,180円を楽天ペイで支払い、アプリ内で115ポイントを獲得しました。

現在(※2019年2月現在)で、200円につき1楽天ポイント(通常ポイント)を付与。

さらに、支払い方法に楽天カードを選択している場合は200円につき3ポイント(+楽天カードの100円で1ポイントも付与)が貰えるので、ポイントの二重取りで超お得に!

筆者 マサネコ

楽天ペイを本格的に使うなら楽天カードを作って支払い方法に登録しておくことを強くオススメします。
楽天ペイのポイント還元率

  • 楽天カード無し:200円で1ポイント
  • 楽天カード利用:100円で3ポイント+楽天カードの100円で1ポイントが付与

ポイント還元率だけで考えると、現金やそのまま楽天カード(その他一般カードも含む)で支払うのが勿体ないと感じるレベルでポイント還元率が高いのが特徴と言えますね。

楽天ペイのポイント還元率

楽天ペイ×楽天カードのポイント還元率は破壊力が凄まじいです

楽天ポイントはTポイントが優位だったポイント業界の勢力図を塗り替える勢いで普及していて、街(店舗)での支払いにも使えるようになってきており使い勝手が非常に良いです。

楽天ペイアプリで支払って貯まった楽天ポイントもお住まいの地域のお店で使うことができるので、楽天ポイントが貯まれば貯まっただけ節約に直結すると考えることができますね。

楽天ポイントで支払うこともできる

これまでのご説明にもあった通り、楽天ペイで支払うことのメリットの1つに、これまでに貯めた楽天ポイントを利用できる点が挙げられます。

楽天ペイアプリでポイントを使う(全額/一部)には、アプリのバーコード表示画面の下側に表示されている「すべてのポイント/キャッシュを使う」をタップするか、設定から使いたいポイント数を選ぶだけ。

楽天ペイアプリでポイントを使う方法

楽天ポイントを使う方法は画面下の「ポイント/キャッシュを使う」か設定をタップします

たったこれだけの操作・設定で楽天ペイアプリでのポイントの利用設定が完了します。簡単な上、ポイントを無駄にすることなく使い切ることができるので活用したいですね。

楽天カードを使っている方が登録・利用すると一層お得になる楽天ペイ。使えるお店も増え続けているので、これを機に使ってみると楽天ポイントの使い道の幅が広がりますよ。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.