【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

ペット禁止の賃貸物件でばれた場合のリスクや危険性。デメリットしかないので注意

ペット禁止の賃貸物件でばれた場合のリスクや危険性。デメリットしかないので注意

ペットの飼育が禁止されているアパート・マンションなど賃貸物件に暮らしているものの、部屋の中で猫・犬を飼ってみたいと思っている方へ、無許可飼育がばれた際のリスクやデメリット(強制退去・退去費用の負担)などについてご説明します。

ペット可の賃貸物件は少ない上、「ペット可物件の家賃・敷金の相場は?ペット賃料が嫌で隠れて飼った場合のリスク」でも紹介している通り、敷金などの入居費用や家賃も一般物件に比べると高くなる傾向にあります。

かといって、不動産管理会社や大家さんに相談もせずにペットを飼い始めるのはもちろん禁止ですし、デメリットばかりです。そして、思っている以上に通報されてバレます。

入居中に鳴き声や臭いなどでバレなくても、退去時の立ち会いで発覚して普通よりも多くの退去費用を負担することになる上、違約金を請求される可能性も含んでいます。

このページではペット禁止の賃貸物件で許可されていない猫や犬を飼ったことがばれた際のデメリットや危険性について紹介していきます。

多くの賃貸物件がペット飼育を禁止している理由

飼い猫2匹が喧嘩している様子(アメリカンショートヘアとロシアンブルー)

猫や犬を飼っている部屋が傷つきやすいです

猫や犬を飼って一緒に生活したい!と思う人は多くいますが、現実はペット不可(ペット禁止)の物件がほとんどなのはどうしてでしょうか?

土地・建物を所有している大家さんの立場から考えてみると、部屋の中で猫や犬を飼われてしまうと部屋の中が傷ついたり汚れたりするためです。

賃貸物件をペット禁止にする理由

  • ペットの鳴き声が近所迷惑になる
  • 壁紙、柱、床が傷ついて修繕が大変
  • ペットの臭いが染みつき、消臭が大変
  • 上が原因で次の入居者が嫌がる(空室率が高くなる)

アパートやマンションを所有している大家さんからすると、貸している部屋には常に入居者がいて家賃を支払ってくれる状況が理想ですよね。

入居者が飼っているペットの鳴き声などの騒音が原因で他の入居者が出て行ってしまっては意味がありません。

また、ペットと暮らすことを前提とした「ペット共生住宅」であれば入居者同士で理解し合い、騒音などは許容しながら生活することができますが、ペットを飼っていない一般の入居者とペットを飼っている入居者が混在している物件ではトラブルの元にもなります。

アパートやマンションの共用スペースでは、衛生面・臭いなどが原因でトラブルが起こる可能性もあり、大家さんの立場からは「ペット禁止」にしたくなる気持ちも分かります。

ペット禁止の賃貸物件で猫や犬を飼っているのがばれた場合

賃貸物件の外見(イメージ)

無許可飼育がバレると強制退去などの可能性もあります

実際問題として、大家さんや物件を管理している管理会社に隠れて(内緒で)猫・犬などのペットを飼っている人もいると思います。

しかし、周りの住人の目やペットの鳴き声や走り回る音などに神経を尖らせながら生活するのはとても大変なことです。

加えて、飼い主さん(入居者)が仕事でペットを留守番させている時に吠え続け(鳴き続け)られたら誰かに気付かれて管理会社に連絡が入る可能性もあります。

ペット禁止物件で猫や犬を飼うということは契約違反となり、バレた場合は相応の責任を負わなければならないリスクがあることを覚えておきましょう。

大家さんや管理会社にばれると追い出される?

不動産の管理会社などに連絡があり、部屋に住んでいる途中でペットを飼っていることが疑われる場合、まず管理会社か大家さんから直接連絡がくることが多いです。

「部屋でペット飼ってますか?」などと直接電話がかかってくるパターンの他、全部屋(もしくは周辺の部屋)のポストに警告の手紙が入ります。

残念ですが、この時点で既に「部屋の中でペットを飼っていることが極めて疑われる状況」と思っておいた方がよく、他の入居者に通報されています。

携帯電話などに電話がかかってきた場合、素直に認めるかシラを切り通すかの判断を迫られますが、後日、部屋を訪ねてきてペットを飼っていることが発覚する可能性が高いです。

こうなると、以下の2つの選択肢から判断を迫られることになります。

  • ペットが飼える物件に引っ越す(退去する)
  • ペットを手放す(実家に預ける・里親を探す・保健所へ行く

筆者 マサネコ

どちらにせよ、バレた時点でペットと一緒に暮らすことは不可能です。ペット禁止物件で隠れて飼っていたのですから、契約違反となってしまいます。

詳しい契約条件は契約書を確認する必要がありますが、即刻退去を求められるかは状況次第です。しかし、状況的にはかなり不利なため、最悪のケースでは強制退去を求められ、すぐに次の部屋を探して出て行かなければならなくなります。

理想は退去してペットが飼える物件へ引っ越すことですが、それが無理であればペットとお別れしなければなりません。

こちらのパターンでは別の飼い主さんを探して引き取ってもらうことや、実家で飼ってもらうことですが、そんなに簡単に新たな飼い主さんは見つからず苦労します。

軽い気持ちで飼育できない環境でペットを飼ってしまったがため、最悪の場合は保健所に連れて行って殺処分となることもあり、問題にもなっています。

ご近所さんにもよりますが、思っている以上に簡単にバレてしまうものです。こうなると、お金・家族(ペット)・住居のどれかを失います。ペットを飼う時はちゃんとした環境で飼い始め、最後まで面倒を見る覚悟を決めましょう。

退去時にバレると退去費用(修繕費)はどうなる?

部屋に住んでいる間はバレなかったものの、退去時の立ち会い(部屋の中の確認)でペットを飼っていたことがバレるケースも多々あります。

  • ペットが原因の臭いが染みついている
  • 柱や壁に普通では付かないような傷、穴がある

特におしっこの臭いや独特の獣臭は簡単には消えず、犬が噛んだ柱や猫が繰り返し爪とぎをした壁紙の傷は言うまでもなく消えずにバレます。

こういったケースの場合、部屋の修繕費(修復費用)は入居者が負担することになり、敷金や保証金を収めていれば差し引かれますし、リフォーム代金で何十万円と請求された場合は敷金ではとても足りないため、追加で費用を支払うことになります。

ペット可の賃貸物件の修繕費(退去費用)にご用心。犬や猫が部屋を傷つけないための対策」でも紹介していますが、ペット可の賃貸物件でも敷金は割増の場合が多いように、ペットを飼っていた部屋の修繕費は普通よりも高いことが殆どです。

契約に違反して隠れてペットを飼っていたことがバレた以上、通常よりも多額の退去費用がかかると思っておいた方が良いと思われます。

契約違反で違約金を請求される?

ペット禁止物件でペットを飼っているのがバレた場合は契約違反となり、退去を迫られる(追い出される)可能性が高いことをご説明しました。

また、部屋を追い出されなくてもペットとはお別れしなくてはならず、契約書に違約金についての記載があれば請求される可能性もあります。

この辺りは契約書の内容と大家さんの意向によるところが多いため、もしバレてしまった場合は真摯に対応する姿勢を見せる必要があると考えられます。

筆者 マサネコ

問答無用で即刻退去&違約金の支払いを求める大家さんもいます。隠れてペットを飼うことは決しておすすめしません。

無断のペット飼育がバレると次の入居物件にも影響がある?

ペットが飼えない物件でペットを飼っているのがバレて退去となった場合、次に暮らす賃貸物件(アパートやマンション)を探さなければなりませんが、バレた物件と同じ不動産管理会社の物件に入居したいと思っても審査に影響がないとは言えません。

家賃を支払う能力(信用)はこれまでの支払い実績を見れば分かるのですが、ペット禁止物件で隠れてペットを飼っていた過去はマイナス印象にしかならないためです。

この辺りの対応は管理会社によっても異なりますが、自分が管理会社の立場であれば「契約を守らなかった入居者にもう1度部屋を貸すか」という話になります。

仮に入居できたとしても、条件面で不利だったり念書へのサインなどを要求される可能性もあり、再び契約に違反した場合はそれなりの大ごとになることが予想されます。

ペットが飼いたい場合は大家さんか管理会社に相談してみる

チワワ2匹が並んでカメラ目線している写真

相談してみると良い返事が返ってくることもあります

このページ内ではペット不可の賃貸物件で隠れてペットを飼うことのリスクやデメリットをご説明しましたが、どうしてもペットを飼いたい場合は場合は管理会社か大家さんに素直に相談してみると意外な返事が返ってくる可能性も0ではありません。

  • 小動物の飼育なら許可された
  • 物件が古いため猫や犬の飼育が許可された
  • 追加の費用負担や退去時の修繕を特別条件として許可された
  • 他の住人に迷惑をかけない旨の念書を書いて飼育が許可された

これはインターネット上の掲示板で見かけた内容ですが、大家さんに直接相談してみたことでペットの飼育が許可された例です。

さすがに新築・築浅物件では難しいかもしれませんが、隠れてペットを飼った上にバレてトラブルになるよりは合理的です。

また、捨て猫を保護した場合など、「○月○○日まで」「新しい飼い主さんが見つかるまで」と条件付きでペットを飼いたい場合も素直に相談してみることをおすすめします。

相談してみた上でやはりダメだった場合は、素直にペットが飼える賃貸物件に引っ越すかペットを諦めることになりますが、隠れて無断で飼うことだけは辞めておいた方が良いと思います。