【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

賃貸物件の入居審査の基準と審査落ちする人の特徴。審査通過のコツを解説

賃貸物件の入居審査の基準と審査落ちする人の特徴。審査通過のコツを解説

賃貸物件に入居する際、殆どの不動産会社では保証会社を通して入居審査が行われます。入居審査とは、この人は家賃をちゃんと払えるのか?という点を多角的に見られます。

定職に就いていて、安定的に収入が入ってくるサラリーマン(正社員)であれば問題なく審査に通る場合が多いですが、

  • 勤続年数が短い
  • 安定的な職業ではない(自営業者などは証明が必要な場合も)
  • 過去に金融事故を起こしている(滞納や踏み倒し、債務整理や自己破産など)
  • 入居希望する物件の家賃が給料と見合っていない

などの家賃の支払い能力が担保されない場合などは審査に落ちる可能性もあります。

入居したい物件を見つけた入居審査にかけてもらったものの、審査落ちしてしまった場合の次の一手は以下の通り。

審査落ちした時の対応

  • もう少し家賃が安い物件を探す
  • 保証会社を変えて再審査
  • 保証人を付ける
  • 勤続年数、年収面に不安があればもう少し勤めてから再審査

などが考えられます。同じ物件に対して同じ保証会社で再審査をしても審査落ちする可能性が高いため、別の保証会社を紹介してもらった方が良いでしょう。

また、保証料が割増な分、審査がゆるめの保証会社も存在するため、複数の保証会社の中から自分に合う保証会社を選択することを心がけた方が審査に通りやすいです。

このページでは賃貸物件の入居審査の基準や審査落ちしてしまった場合の対応策についてまとめています。審査落ちして困っている人の助けになれば幸いです。

賃貸物件の入居審査の基準について

賃貸借契約書の表紙

入居審査の難易度はそこまで高くありません

賃貸物件へ入居を希望する人が必ず通る「入居審査」とは、大家さんと管理委託契約を受けた不動産会社(管理会社)が、申込者の入居を許可するか決める審査のこと。

大家さんが管理会社を挟まず直々に物件を管理している場合などを除き、ほぼ全ての賃貸物件で入居審査が行われ、審査なしで入居できる物件はごく僅かです。

筆者 マサネコ

今では多くの不動産会社が入居審査をマニュアル化しており、連帯保証人を立てず保証会社を利用することが一般的となっています。

大家さんや不動産会社が所有する賃貸物件への入居を希望する人に対し、数万円~数十万円する家賃を毎月支払えるのか?ということを審査で多角的に見られます。

入居審査について、年収や勤続年数で明確な基準がある訳ではありませんが、

  • 家賃を確実に支払っていけるか(家賃を滞納しないか)
  • 人柄はどうか?他の入居者とトラブルを起こさないか
  • 申込者が反社会勢力ではないか

といったことが審査されます。よって、不動産会社での対応や身だしなみにも気を付けた方が最終的に審査に通りやすくなると言えます。

審査するのは不動産会社?保証会社?どっち?

入居審査を担当するのは入居したい物件と不動産会社によって異なります。

  • 連帯保証人を立てる場合→不動産会社が審査を担当
  • 保証会社を利用する場合→不動産会社と保証会社がそれぞれ審査

という流れになっていることが多く、現在は全国展開しているような不動産会社であれば保証会社の利用が必須で連帯保証人を立てることを許可していない場合もあります。

連帯保証人と保証会社の違い

  • 連帯保証人:入居者が家賃を払えない場合、立て替える責任を負う。両親や兄妹にお願いするのが一般的。
  • 保証会社:保証人の代わりをしてくれる会社。家賃の数%を支払う必要があり、会社によっては更新費が必要。

大手不動産会社の中には指定した保証会社の利用しか認めていない物件や、指定のクレジットカードを作成することで身元の審査をしている会社もあります。

また、保証会社を利用する場合は保証会社の審査(主に信用審査)があり、不動産会社の審査が通っても保証会社でNGが出ると入居は難しくなります。

入居審査の内容について

入居審査は申込書に記入した内容で行われ、主に以下について確認されます。どの不動産会社から申し込んでも共通している内容が多く、ローンの申し込み審査とも似ています。

  • 税込年収(収入)
  • 職業・勤務先
  • 店頭窓口での態度や見た目、言動

物件の入居率などが影響し、大家さんの意向で審査条件が厳しくなったり緩くなったりすることはあるようですが、基本的には保証会社と不動産会社でそれぞれ審査が行われます。

最も重要視されるのは年収よりも、職業・勤務先の項目です。無職の場合は審査に通るのが難しくなると言われています。

筆者 マサネコ

求職中や既に仕事が決まっていて、職場の近くに部屋を借りたい場合などは事情を営業の人に説明することで審査に通過することも十分にあり得ます。(就職先の情報を聞かれることもあります)

勤務先が大手企業だったり、その地域で名前が知れている会社であれば審査を通りやすく、一部上場企業勤め公務員、医師・歯科医・弁護士・税理士などの専門職だと堅いです。

雇用形態は「正社員>契約社員・派遣社員>自営業・フリーランス>アルバイト>無職」の順で審査に通る可能性が高く、正社員で勤続年数が3年以上ならば問題ないでしょう。

年収は税込年収を書き、嘘を記入しても良いことはありません。また、夫婦やカップルなど同棲している人がいる場合は合算での所得を記載する場合もあり、合算での所得(年収)が多い方が審査する側としては印象が良いのではないかと思われます。

審査落ちする人の特徴(審査に通らない理由)

書類を見て悩む男性

審査落ちはショックですが、次に進みましょう

賃貸物件の審査は申し込んだ内容を不動産会社や保証会社が客観的に見て結果が出ます。

  • 過去に金融事故を起こした(滞納歴がある)
  • 水商売などの仕事についている
  • 連帯保証人の信用力が低い

入居を希望する物件の家賃と収入のバランスが大事で、月収の30%~33%以内が家賃の目安と言われており、釣り合っていない物件への入居は断られることが多いです。

家賃と年収のバランス(目安)

  • 年収200万円:5万円
  • 年収300万円:7万5千円
  • 年収400万円:10万円
  • 年収500万円:12万5千円

筆者 マサネコ

「家賃は年収の3割まで」と聞いたことがある人もいるかもしれまえんが、高望みした物件に入居しても生活が苦しくなってしまいます。

また、この先でも説明していますが、過去に金融事故(自己破産や債務整理、クレジットカードの滞納や強制解約など)を起こしている場合、信用調査機関へ問い合わせることで事故履歴がすぐにバレます。

免許証の提示を求められることも多く、住所や電話番号が変わった後に審査申し込みしても免許証の番号から過去の滞納履歴などが明らかになる場合もあります。

一般的に保証会社の審査で信用調査が行われることが多いですが、クレジットカードの審査ほど厳しくはなく、滞納履歴が残っていても審査通過する可能性もあります。

筆者 マサネコ

住宅ローンだとかなり厳しい審査ですが、賃貸入居の審査はそこまで厳しくないという声も聞きます。過去に自己破産した人でも審査に通ったという話は良く聞きます。

また、勤務年数が浅い場合や水商売・風俗関連の仕事に就いているなど、収入が不安定と思われてしまうと審査に通るのは難しくなります。

また、水商売の場合は昼夜逆転の生活で他の入居者から騒音のクレームが入ることを懸念され、審査に落ちやすいと言われていますが、入居者に同じ属性の方が多く住んでいる物件(歓楽街近くなど)であれば、柔軟に審査対応してくれると思われます。

借金や金融事故(ブラックリスト入り)があると審査に落ちる?

CICのトップページ

ブラックリスト入りしていると審査にも影響があります

上でも少し説明していますが、賃貸物件の審査に落ちる人の中には過去にクレジットカードの支払いが遅れた(踏み倒した)場合や、自己破産・債務整理といった金融事故を起こしたことがある人もいると思われます。

世間では「ブラックリスト」と呼ばれており、クレジットカードの支払い履歴などを記録している信用情報機関に悪い情報が登録されていて、審査に通りづらくなっている場合もあります。

最近だと、携帯電話会社のスマホを分割で支払いしていて、携帯電話料金の支払いが遅れた(踏み倒して強制解約された)ことから信用情報に傷が付いているケースもあります。

この場合、各種ローンやクレジットカードの申し込み、今回のような賃貸物件の審査にはマイナスの影響しかありません。

審査落ちが多発するなど、自分の信用情報がどのように登録されているのか気になる人は信用情報機関に問い合わせることで、自分がブラックリスト入りしているかどうかを確認可能です。

審査に落ちる理由に「自分がブラックリストに入ってるからでは…」と思い当たるフシがあるのであれば、1度照会してみることをおすすめします。

保証会社が審査をする場合、信用情報機関に情報照会をかけることも多々あり、消費者金融などでの借金の残額や支払い状況も確認されてしまいます。

申込書の借入額(借金の総額)の欄に0と書いてあるのに、CICなど信用情報機関で確認して借金があることがバレると審査に悪影響です。

数年前ならまだしもですが、つい数ヶ月前にクレジットカードの支払い滞納がある場合など、「この人大丈夫かな?」と思われて審査に落ちる可能性もあります。

筆者 マサネコ

これらのことからも、申込書に嘘を書くことはせず、素直に書くことをおすすめします。(隠しごとはしないのが○)

審査にかかる日数、遅い場合の審査状況は

申込書を提出してから保証会社か不動産会社(あるいは両方)の審査が始まります。

審査基準や審査内容については会社で異なりますが、審査結果が出るのは数時間(最短1時間以内)から3日程度です。

申し込みから審査結果が出るまでに土日祝日を挟めば、その分審査が長くなりますし、ゴールデンウィークやお盆・年末年始の大型連休があればさらに長くなります。

審査の流れ

  • 連帯保証人あり:申し込み→書類確認→大家さんの承諾→結果
  • 保証会社を利用:申し込み→書類確認→保証会社の審査→大家さんの承諾→結果

早ければ不動産会社で待っている間に審査結果が分かりますし、遅い場合は3営業日ほど待たされることもあるのでモヤモヤしてしまいますよね。

状況次第ですが、自宅や勤務先に電話確認があるパターンもあるので、念のため頭に入れておきましょう。(通常の入居審査では電話はないことが多いです)

また、「審査が遅い=審査落ち」と考える人もいますが、大家さんとの連絡が遅れている場合などが多く、不安だとは思いますが辛抱して待つしかありません。

筆者 マサネコ

支払いの延滞履歴など信用情報に問題があって落ちる場合は逆に結果が早いケースが多いようです。筆者は過去、1時間で結果が出て否決されたこともあります。(1日待って別の保証会社の審査で可決)

審査に落ちた場合の対応

賃貸物件の審査に落ちた場合、否決された理由に関しては教えてくれないことが殆どです。

しつこく聞いても教えてくれませんので、気持ちを切り替えて別の物件を探すか別の保証会社を紹介してもらって再審査に申し込むのが一般的な流れです。

審査落ちした後の行動

  • 不動産会社を変えて申し込み
  • 保証会社を変えて申し込み

審査落ちした物件(家賃・条件)と自分の年収などが釣り合っていない場合は別の物件を申し込むことで審査に通る可能性があります。

しかし、何度申し込んでも審査落ちする場合は不動産会社を変えた方が良いです。その際、審査落ちした不動産会社やその系列会社は避けるのがポイントです。

一方、保証会社を使って審査に申し込み落ちた場合、不動産会社を変えても保証会社が一緒だと再び審査に落ちる可能性が高いです。

信販系の保証会社を使う場合、系列会社だと審査落ちを記録しているので、信販系の保証会社は避けて家賃保証を専門にやっているような所を利用するのが好ましいでしょう。

筆者 マサネコ

賃貸の入居審査は難易度で言えば低い部類に入ります。定職に付いているサラリーマンなどであれば年収とのバランスを考慮すれば問題なく通る人の方が多いと思われます。

申込者を変えて再審査に挑戦

入居したい部屋で同居する人がいるのであれば、審査に落ちた人と別の人を名義人として申し込んでみるというのも1つの手です。

アルバイト・パートの妻よりも正社員の夫の方が審査に通りやすくなるのはお分かり頂けると思います。

共働き夫婦であれば、審査に通りやすそうな属性から申し込んでみて、審査落ちしたらもう一方が申し込んでみると、意外にも良い結果が出たりするようです。

この辺りは担当の人に相談してみた方が良いアドバイスが貰えると思うので、素直に相談して今後の方針を決めていった方が良いでしょう。

審査後のキャンセルは御法度?

「賃貸物件の審査に受かったが、別の条件が良い物件を見つけてしまった…」
「急な予定で引っ越しをキャンセルすることになった」

といった場合、正確には申し込み後で契約には至っていないことからも、キャンセルは可能ですがあまりおすすめはできません。

申し込みから審査を経た過程でさまざまな人が動いていることと、不動産会社からは次の申し込みも審査後にキャンセルされるのでは?と警戒させることにも繋がるためです。

次の物件が全く別系列の不動産会社であれば影響は少ないかもしれませんが、次の入居審査にも100%影響がないとは言い切れません。

筆者 マサネコ

審査後にキャンセルするとその不動産会社の社内ブラックリストに入るといった話も上がっていますが、推測の域を出ないので真偽は不明。…ですが、決して良い印象は持たれないことを覚悟した方が良いでしょう。

賃貸物件に申し込む段階で入居の意思を固めておくことが重要となります。

仕事や年収面で審査に不安がある場合は相談を

このページでは賃貸物件の入居審査の基準や審査落ちしてしまった場合の対応策を紹介しました。

現在、アルバイト・パートや年収が極端に少ない、勤続年数が短い…といった入居前に感じる不安については隠してもどうせバレるので、担当さんに素直に相談しましょう。

仮に無職の人が賃貸物件に入居したい場合で入居審査に不安がある場合、現在の状況を説明して預金通帳のコピーなどを持参したり、身元がハッキリして収入が安定している人を保証人に立てるなど対策することで審査に通る可能性もあります。

不動産会社の営業マンも物件の入居者を紹介することで実績にもなりますし、給料にも反映される(場合もある)ため、親身になって話を聞いてくれるはずです。

また、信用力を高めるために提出するべき書類についてもアドバイスをくれることもあるため、最初から諦めるのではなく相談することで新たな道が開けると思います。

少しでも入居審査で悩んでいる人の参考になれば幸いです。