【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

ペット可の賃貸物件の修繕費(退去費用)にご用心。犬や猫が部屋を傷つけないための対策

ペット可の賃貸物件の修繕費(退去費用)にご用心。犬や猫が部屋を傷つけないための対策

犬や猫などの可愛いペットを部屋の中で飼いたい!…けど、ペットがお部屋を傷つけちゃったら退去するときにどれくらいの修繕費が必要なのかな?とお悩みではありませんか?

ここ数年で増えてきている「ペット可賃貸物件」や一般の賃貸物件を巡っては、敷金の返還など退去時の費用トラブルが多発しており、国土交通省がガイドラインを発表したことを記憶に新しい所です。

犬や猫を飼うことが許されているペット可の賃貸物件に焦点を当てると、入居中のトラブルや退去時のトラブルなどはありますが、ペットが原因の傷や臭いは借主(入居者)が費用を負担して直す必要があります。

家賃や敷金も一般物件に比べると割高な場合が多いため、入居費用がかさむ傾向にあります。退去時の修繕費用のことも考え、少しでもお部屋を綺麗に使いたいところですね。

このページではペット可賃貸物件に入居している方・これから入居を検討している方を対象とした修繕費に関する知識などを紹介しています。

ペット可の賃貸住宅、退去時の修繕費はいくらになる?

猫2匹がリビングの爪とぎの中で寛いでいる写真

ペットが飼える物件は修繕費も高くなる傾向にあります

部屋の中でペットを飼うことを許可されている賃貸物件(アパート・マンション)や、「応相談」と書かれていて、大家さんと相談の上でペットを飼っていた部屋を退去する場合、どのくらいの修繕費(退去費用)を支払う必要があるのでしょうか?

筆者 マサネコ

退去費用の計算自体は一般の入居者と同じ基準で行われますが、ペットが付けてしまった傷などは入居前の状態に直す必要があります。

国土交通省は、退去費用の「貸主(オーナー)」と「借主(入居者)」の負担割合をまとめた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をPDFファイルで公表しています。

こういったガイドラインが公表されている背景には、ペット可の賃貸物件で犬や猫と一緒に暮らしていた借主(住んでいた人)と貸主(大家)との間で修繕費を巡るトラブルが多発し、高額請求などから裁判になった例が多々あるためです。

ただ、ペットが原因の傷や匂いについては「躾や尿の後始末の問題」と考えられ、部屋の床やクロス(壁紙)などにペットが付けた傷がある場合は修繕義務が生じます。

「入居する部屋でペットを飼う」と契約書を交わし、合意しているのであればペットが原因となる傷や臭いは借主が負担して入居前の状態に戻すのがルールです。

つまり、部屋のクロスで飼っていた猫が爪を研いで傷つけてしまったり、犬がかじって柱が欠けた・壁に穴が開いてしまった、という場合は直す義務が生じると考えましょう。

また、部屋の壁紙(クロス)以外に修繕対象となるのが「床(フローリング)」です。

壁紙は貼り直すだけで安価で直すことができますが、床がフローリングでペットが傷を付けてしまった場合は修繕費が高くなる傾向にあります。(数万~10万円前半)

筆者 マサネコ

もし入居した当時からフローリングに傷が付いていた場合、写真を撮って管理会社か大家さんに連絡しておくことで、退去時のトラブルを未然に防ぐことができます。(口頭だと言った・言わないの水掛け論になるため)

日頃から飼っている犬・猫と暮らしている人には分からないかもしれませんが、ペットを飼っている部屋は独特の臭いが充満しています。

そして、その臭いが壁紙などに移ってしまうため、退去時に脱臭処理費として請求される可能性もありますが、目立った傷がなければ退去費用は数万円で済むことが多いようです。

ペットを飼っていない人が退去する場合の退去費用は経年劣化(普通に使った場合の壁紙などの劣化・消耗)が考慮されます。

しかし、ペット可物件でペットを飼っている場合、一般入居者と比べると退去費用が高くなる傾向にはありますが、後述している部屋を傷つけない対策をすることにより、ある程度は予防することができます。

猫・犬によって異なりますが、借りている部屋である以上、対策は考えた方が良いです。

筆者 マサネコ

ちなみに筆者はペット可物件を退去した際、敷金(家賃1~2ヶ月分程度)を越えて請求されたことは1度もなく、旧居では敷金が戻ってきたミラクルを経験しています。
ここで紹介しているのは、筆者の経験も含めたあくまでも一例です。契約書の内容などで修繕費(退去費用)が大きく変動することも予想されるため、あくまでも目安としてご覧頂けますよう、お願い申し上げます。

敷金で収まる範囲なら追加の支払いは不要

ペット可の賃貸物件に入居する際、入居条件の中に「敷金○ヶ月分」(1~5ヶ月分が相場)と書かれていることが多く、一般入居者なら敷金0で入居できる物件でもペットを飼うことを条件に入居する場合、頭金として敷金を請求される物件が多いです。

これは、家主(管理会社)がペットを飼う人を入居させる際に条件とすることで、上で紹介した修繕費(退去費用)を敷金から差し引き、取りっぱぐれがないようにするため。

敷金の違い

  • 一般物件の敷金:0~3ヶ月
  • ペット可物件の敷金:1~5ヶ月

ペットを飼わない一般入居者と比べると敷金が高くなる傾向にありますが、中には敷金ゼロでペット可物件へ入居できる場合もあります。

しかし、そのような物件は退去時、ペットが原因の修繕費を全額請求されるので注意が必要です。(部屋を汚さずに暮らしていれば入居費用が安く済むメリットもあります)

犬や猫などのペットは人間とは違い、必ずしも言うことを聞く生き物ではありません。

仕事から帰ってきたら壁紙が傷だらけだった…ということもあるので、前もって敷金を収めて入居することで退去時の負担を抑えることができます。

筆者 マサネコ

敷金不要で入居できるペット可賃貸物件は建物が古かったり、大家さんの意向という場合が多いです。新築か築浅の場合、ほぼ間違いなく敷金を収める必要があると考えておきましょう。

例:家賃8万円で敷金2ヶ月分(16万円)の物件から退去する場合、故意と判断されるような傷がなければ敷金の範囲内で修繕可能(追加支払いは不要)だと思われます。

ペットを飼っていても傷の程度によりますが、どれだけ高くても20万円を越えることはないと思われます。数万~10万円代で収まるケースが多いようです。

隠れてペットを飼っていた場合の修繕費

アメリカンショートヘアがダンボールから顔を出している写真

隠れてペットを飼うことはおすすめしません

ペット禁止の賃貸物件でばれた場合のリスクや危険性。デメリットしかないので注意」でも説明していますが、ペット禁止の物件で隠れて犬や猫を飼うことは契約違反となります。

決して禁止物件で隠れてペットを飼うことを推奨しているわけではありませんが、実際問題として、こっそりペットを飼っている人が多いのも事実。

筆者 マサネコ

ペットが飼えない物件の部屋から犬や猫の鳴き声が聞こえてきて、住人からクレームが入ってバレたという人も少なからずいます。

大家さんや管理会社から確認が入り、ペットの存在がバレてしまった場合は話し合い(交渉)で解決していくことになると思われます。(対応はそれぞれ異なります)

内緒で飼っているペットを誰かに預けるか、それが無理ならペット可の賃貸物件に移り住むことを要求されるなど、最悪の場合は退去を迫られる可能性もあります。

逆に、交渉次第では近隣住人に迷惑をかけないことを条件にペットを飼うことを許可されたケースもあるようですが、この辺りの対応は物件によって異なる模様。

もし退去することになった場合、法外な退去費用(修繕費用)を請求されることはないと思いますが、禁止物件でペットを飼っていたということから、部屋の傷や臭いを入念にチェックされることが予想されます。

また、契約書にペットを飼った場合の違約金が明示されていることもあり、そのような記載があれば書面に則り対応を進めていくこととなるでしょう。

筆者 マサネコ

隠れてペットを飼うことは精神衛生上でも宜しくありません。入居前に大家さんや管理会社に相談してみるか、初めからペットが飼える賃貸物件を探した方が幸せに暮らせると思われます。

ペット可の賃貸物件でペットと暮らす時の注意点

退去時の修繕費(退去費用)を少しでも抑えるために、入居者(借主)の方が部屋を汚さない・傷つけないといった配慮が必要なのは当然ですが、一緒に暮らすペットのことも考えた方が良いでしょう。

ペットと一緒に暮らす際の注意点

  • 壁紙(クロス)の汚れや、ペット独特の臭いの付着
  • 床・フローリングの傷や汚れ

犬と猫とでは習性が異なり、気を付けないといけないポイントが異なるため、それぞれ説明していきたいと思います。

お部屋で「犬」を飼う場合の注意

犬・チワワロングコートが2匹並んでいる写真

最近は小型犬が人気で、飼育を許可している物件も増えてきました

ここ数年、(超)小型犬を飼う人が増えてきていて、ペット可の賃貸物件でも「小型犬ならOK」「犬は中型犬まで」といったくくりで募集されているのを見かけます。

筆者 マサネコ

我が家でも2匹の犬(チワワ)を飼っていますが、入居した物件は小型犬のみOKというところで、同じ棟の住人も小型犬を飼っている家庭が多かったです。

犬を飼う上で注意しないといけないのは、

  • トイレの失敗による臭い(オスの場合は壁も注意)
  • 柱や壁の角をかじることによる傷
  • 爪が伸びてフローリングが傷つく、足音による苦情
  • 犬が吠えることによる近隣住人からの苦情

といったところで、無駄吠えしないように注意しないとクレームが入る可能性があり、飼い始めからしっかりと躾をする必要があります。

また、犬種や性格によっては柱をかじってボロボロにしてしまったが為に余分な修繕費を請求された人もいるので、注意しましょう。

犬を飼う時に部屋を綺麗に保つ方法

  • トイレトレーニングや無駄吠えの躾をする
  • 犬の爪切りやシャンプーなどのお手入れ
  • フローリングの上にはカーペットを敷いて床を保護(傷つき防止)
  • 露出している柱や壁の保護(噛みやすい柱の傷つき防止)

などが挙げられます。

また、フェンスやサークルなどで犬が自由に行動できる範囲を制限することで、対策する場所を限定することも可能です。広いお部屋で暮らしている方はご検討ください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,156 (2019/11/13 07:28:46時点 Amazon調べ-詳細)
トムキャット
¥5,980 (2019/11/13 07:28:46時点 Amazon調べ-詳細)

お部屋で「猫」を飼う場合の注意

猫・アメリカンショートヘアのアップ写真

「猫お断り」そんな賃貸物件もあります

「ペット可」「ペット応相談」と募集が出ていても、詳しく聞いてみると「猫を飼うことは禁止されています」と言われる物件も多々あります。

猫は犬と違い、高い所に上ったり柱や壁で爪とぎすることがあるため、壁紙がボロボロになることを嫌う大家さんが「猫NG」としている場合が多いとのこと。

筆者 マサネコ

我が家では犬のほかに2匹の猫を飼っていますが、爪とぎなどを用意しないと壁で爪とぎすることを覚えてしまい、家の中がボロボロになってしまうこともあるようです。

家の中で猫を飼う上で注意したいのは、

  • 鳴き声や走り回る音(猫は興奮して走り回ることがある)
  • 柱や壁で爪を研いでしまい、壁紙がボロボロになる
  • 発情期などの尿スプレーで部屋の中が臭くなる

というところで、部屋の中に複数の爪とぎを用意してあげたり、ストレスが溜まらないように適度な運動ができる環境を作ってあげる必要があります。

猫を飼う時に部屋を綺麗に保つ方法

  • 部屋の中に爪とぎを用意し、爪とぎする場所を覚えさせる
  • 柱や壁に保護シートを張り、傷が付くのを予防する
  • 避妊・去勢手術をして鳴き声やスプレー行為を未然に防ぐ

飼い主さんがよくしている対策として「壁や柱に保護シートを張る」というのがあり、頻繁に引っかかれる場所に張ることで保護することができます。

Amazonなどのネット通販ではベストセラー(おすすめ)商品が数多く販売されているので、壁の傷に悩んでいる方はご検討ください。

リンテックコマース
¥1,743 (2019/11/13 07:28:47時点 Amazon調べ-詳細)
リンテックコマース
¥770 (2019/11/13 07:28:47時点 Amazon調べ-詳細)

また、爪とぎは猫によっても好みがありますが、部屋の中に2~3個の爪とぎを置いておけば「バリバリバリバリ~!」と使ってくれると思います。下で紹介している爪とぎは、実際に我が家でも使っている商品になります。

ミュー (mju:)
¥2,470 (2019/11/13 07:28:47時点 Amazon調べ-詳細)
ミュー (mju:)
¥2,700 (2019/11/13 07:28:48時点 Amazon調べ-詳細)

猫は犬と比べても部屋の中を傷つけやすい傾向にあるので、保護シートやトイレの臭いが抑えられる猫用システムトイレの活用などを考えてみると良いでしょう。

筆者 マサネコ

猫のおしっこの臭いは強烈です。ウチはシステムトイレをずっと使っていて、リビングに置いておいても臭いが気にならないのでオススメです。
ニャンとも清潔トイレ
¥3,550 (2019/11/13 07:28:48時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:ペットが飼える賃貸物件は退去費用に気を付ける

ペットと一緒に暮らせる賃貸物件は魅力的で、犬や猫と一緒に暮らす日々は生活に癒やしを与えてくれることでしょう。

しかし、ペットと一緒に生活をするということは、それなりのお金と責任が生じることを覚えておきましょう。

自分で建てた持ち家なら何をしても問題ありませんが、部屋を借りて入居しているのであれば、ペットが傷つけた場所に関しては直してから退去する必要があります。

賃貸物件は長く住んだ分だけ退去時に支払う修繕費が安くはなりますが、できる限りキレイに暮らして退去することで修繕費を少しでも抑えることができます。

このページ内でご紹介した知識やグッズが少しでもお役に立てれば幸いです。