【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

ペット不可の賃貸物件で小動物は飼える?ハムスターやウサギ、魚や小鳥の飼育許可は必要?

ペット不可の賃貸物件で小動物は飼える?ハムスターやウサギ、魚や小鳥の飼育許可は必要?

家族として迎え入れるペットの代表格は犬や猫といった動物ですよね。
しかし、ペットの飼育が規約により禁止されている「ペット不可物件」では飼うことができないと考えておいた方が良いでしょう。

大家さんや不動産管理会社に内緒でペットを飼っていることがバレた場合、強制退去や高額な退去費用(修繕費)を請求される可能性もあるため、絶対にやめましょう。

そこで、ペット不可の賃貸物件でも飼うことができる小動物や観賞用の生き物をご紹介。様々な生き物がいますが、最後まで責任を持って飼うことを前提にご覧ください。

ペット不可の物件の中にも様々な条件が定められていることが多いです。契約書の内容によってはハムスターやウサギなどの小動物の飼育も禁止されている場合があります。事前に大家さんや管理会社に確認することを強くおすすめします。

ペット不可の賃貸物件が多い理由

飼っているチワワがこちらを向いている写真

ペット飼育が許可されていない物件の方が多いのはなぜでしょう?

土地・建物を所有している大家さんからすると、部屋の壁や柱などを傷つけたりペットの臭いが染みついたりするなど、部屋の資産価値を下げたくないと考えています

賃貸物件をペット禁止にする理由

  • ペットの鳴き声が近所迷惑になる
  • 壁紙、柱、床が傷ついて修繕が大変
  • ペットの臭いが染みつき、消臭が大変
  • 上が原因で次の入居者が嫌がる(空室率が高くなる)

部屋を探している入居者の中には動物アレルギーを持っている人もいるため、ペット不可とすることで広く入居者を募りたいのです。

また、ペットの鳴き声や足音といった騒音トラブルや、臭いや抜け毛を原因とするトラブルから入居者が出て行ってしまうことを未然に防ぐため、「ペット不可」にしている場合が多いようです。

筆者 マサネコ

言うまでもありませんが、飼育を禁止されているペットを無許可で飼うことは契約違反となります。ご注意ください。

ペット可物件の特徴

逆に犬や猫といったペットの飼育が許可されている物件には特徴があります。

  • 家賃や敷金が相場より高い(特に敷金は割増の傾向)
  • 建物が古くなってきたからペット可にした(内装面で不安)
  • 人気物件ではない(交通面で難あり、日当たりが悪いなど)

ペット可物件の家賃・敷金の相場は?ペット賃料が嫌で隠れて飼った場合のリスク」でも解説していますが、ペットが飼える物件は家賃が高めであったり敷金を数ヶ月分多く支払うことが多いです。

また、アパートを建てたものの、駅までの距離が遠かったり日当たりが悪い、車で移動するのに不便(幹線道路まで通り)といった理由から、思ったように入居者が集まらず、しぶしぶペット可物件に切り替えて入居者を募集していることもあります。

いわゆる不人気物件で、ペットと暮らせるものの、条件が悪いところで暮らすことに抵抗を感じてしまう方は嫌がるような物件があるのも事実です。

逆に、ペットが飼える人気物件は相場よりも家賃が高いです。ペット共生住宅ともいわれ、ペットと暮らすことを前提に建っているので、設備面で充実しています。

筆者 マサネコ

共用スペースにペット用の足洗い場があるなど充実していますが、家賃は高いですね。

ペット不可の賃貸物件でも飼えるペットは?

前の賃貸物件で契約を交わした建物賃貸借契約書の表面

賃貸借契約書にはペットの飼育について書かれている場合が多いです

そこで、ペット不可(禁止)の集合住宅でも飼えるペットというと、ハムスターやウサギ、モルモットなどが挙げられます。

しかし、これらの小動物も部屋の中を傷つけたり汚したりすることがあるため、物件によっては飼うことを禁止されている場合もあり、事前確認が必要です。

契約書にペットの取扱いについて記載がある場合もあるので、手元の「建物賃貸借契約書」(もしくは署名した重要事項説明書)を確認してみてください。

賃貸借契約書のペット関連の記述

  • ペットの飼育または持ち込みはその種類を問わず禁止する。
  • 近隣に迷惑をかける動物を飼育することは禁止する。

などの文言で記載されていることが多く、ペット可の物件に関しては「ペット可能物件は除く」と補足されているので、ペットを飼っても問題にはなりません。

物件契約で交わした賃貸借契約書(ペット飼育に関する注意書きをアップ撮影)

前に暮らしていた賃貸物件の賃貸借契約書です
赤線で囲った部分にペット飼育の注意書きがされています

筆者 マサネコ

ペットに関して特記事項があれば「特約事項」の項目欄に追加で書かれていることが多いです。

小動物(ハムスター・ウサギ・モルモット…)は飼える?

・物件(大家さん)によって対応が異なる

鳴き声が比較的小さく、部屋の中で飼える動物の代名詞です。実際にアパートの中で小動物を飼っている方も多く、一般的に飼育しやすいと言われています。

ペット不可の集合住宅でも「飼っていいんだよね?」と思っている方が多いのですが、臭いやケージから出した時に柱を噛んで傷つけるリスクがあることから、意外にもダメといわれることが多いようです。(大家さんが嫌がる)

事前に相談する場合、完全ケージ内飼いを約束すると共に、繁殖させないことを条件(1~2匹で飼う)として飼育の許可が出ることがあります。

生体自体は比較的安価に購入することができ、ケージなど飼育に必要なグッズも安く揃えられるため、賃貸物件で飼うのに人気のペットです。

筆者 マサネコ

ハムスターは回し車(クルクル回る車輪のようなおもちゃ)を用意する必要があり、意外とうるさいです。騒音で苦情が入らないように注意しましょう。

魚(観賞魚)は飼える?

・ほぼ問題なく飼える

ペット不可の賃貸物件で最も飼いやすいと思われるのがメダカや金魚などの観賞魚です。

小さな水槽を部屋の中に設置して飼うことになりますが、水を循環させるポンプの音や振動に注意すれば問題ないと思われます。

中には大型水槽を部屋の中に運び入れて何メートルもある淡水魚(アロワナなど)を飼いたいという人がいますが、水槽の重みで床が抜ける危険性がないとも言えないため、大型水槽の搬入は許可が出ないと思っておいた方が良いでしょう。

魚を水槽で飼うことにより、インテリアとしておしゃれな雰囲気が出ますし、アクアリウムと呼ばれる自分だけの水槽を作る楽しさがあり、ハマる人はハマるようです。

爬虫類・両生類は飼える?

・飼える場合が多い(難易度普通)

部屋の中で虫を飼う場合と似ていますが、基本的に水槽の中で飼うことになるので飼育が許可される場合が多いとのこと。

大家さんが極端な爬虫類・両生類嫌いでなければ問題ないと思われますが、脱走した場合は他の入居者にも迷惑をかけてしまうので注意しましょう。

ヤモリやヘビ、カメ、トカゲ、イグアナ、カエルなどの名前が挙がりますが、魚と同じく大型の水槽は許可されない可能性が高いです。

また、カエルは鳴き声の大小があるものの、鳴く生き物なので騒音での苦情が入らないように配慮する必要があります。

小鳥は飼える?

・飼える場合が多い(難易度普通)

ペット不可でも飼うことができる可能性が高い生き物にインコなどの小鳥が挙げられます。

こちらも大家さんの意向によって飼えるかどうかは分かりませんが、難易度的には普通くらいだと言われています。

小鳥を部屋の中で飼う場合、注意すべき点は鳴き声や臭いで、多頭飼いすると鳴き声がうるさいと苦情が入ることもあるので、迷惑をかけないように飼う配慮が必要です。

まとめ:隠れて飼う前に大家さんに相談を

このページではペットの飼育が禁止されている「ペット不可の賃貸物件」で飼うことができる(可能性がある)ペットを紹介しました。

初めてのペットやアパートで飼うのに人気が高いウサギやハムスターといった小動物から、観賞魚や小鳥・両生類に爬虫類まで部屋の中で飼える可能性はあります。

筆者 マサネコ

あくまで可能性であって飼育できると保証できるものではありませんが、相談してみると親身になって話を聞いてくれたというケースもあるようです。

それらのペットを「隠れて飼ってもバレないだろう」などとは思わず、事前に大家さんか不動産管理会社に相談してみることをおすすめします。

恐らく、犬や猫の飼育許可は出ない(OKなら最初から募集しているため)と思われますが、小動物などであれば飼うことを許可してくれるかもしれません。

こちらの記事でも解説していますが、無許可で飼ってバレた時のデメリット・リスクの方が大きいため、必ず事前相談するようにしましょう。

またその際、大家さんと入居者の間で約束事(他の人に迷惑をかけない、退去するときは原状回復する、など…)を交わることがあります。

内容を理解した上で必ず約束は守りましょう。信用して許可してくれたはずなので、約束を破るようなことがあってはなりません。