【必見】Amazonギフト券 キャンペーン情報!

新幹線から富士山が見える場所は「E席」がベスト!撮影タイミングを徹底解説

新幹線から富士山が見える場所は「E席」がベスト!撮影タイミングを徹底解説

東京駅と新大阪駅を結ぶ東海道新幹線に乗る時、座席から富士山を見たいんだけど「どの車両&どの座席」を予約すれば富士山がよく見えるのかイマイチ分かりませんよね。

新幹線から見える富士山は静岡県を通過中に拝むことができますが、上り・下りではそれぞれどこの席に座っていれば見えるかというと…

  • 上り(東京方面):D・E席
  • 下り(名古屋・新大阪方面):D・E席

と、上り・下りのどちらを走行していてもD席(窓際2席の通路側)E席(窓側2席の山側)に座るのが最も富士山がよく見えるのです。

新幹線に乗り慣れている人で外の景色を見たい人はE席を予約する人が多く、山側(富士山側)の窓際に位置している「E席」を確保するのがベストということが分かります。

このページでは新幹線の席から富士山を見たいと思っている人がD・E席を確保するべき理由と、駅を出てから富士山が見えるタイミングを解説。

また、新幹線の座席予約はネット上で全てが完結するスマートEXをおすすめします。当サイト内でも関連記事で詳しく解説しています。

新幹線から富士山が見たい!どの席を予約すればいい?

新幹線から見える富士山の写真

せっかく新幹線に乗るなら富士山が見たいですよね

冒頭でも触れましたが、たまにしか新幹線に乗らない人は「せっかくなら富士山が見たい!」と考えるのは自然なことかと思います。

  • 新大阪駅~名古屋駅から東京方面に向かう上り
  • 東京駅から名古屋駅~新大阪駅方面に向かう下り

どちら方向の新幹線に乗ったとしても、少しでも富士山が見える席を予約したいですよね。

筆者も数年ぶりに新幹線に乗る機会があったのですが、指定席だとA・B・C・D・E席とある中でAかE、どちらの窓際席を予約すればいいのか迷った経験をしたばかりです。

筆者 マサネコ

博打で予約する前に問い合わせたところ、丁寧に教えてくれました。

富士山の横を通過する東海道新幹線の上り(新大阪→東京)と下り(東京→新大阪)のどちらでもE席を確保しておけばOK。

逆方向でもUターンせずに座席の向きが変更となるため、E席です。

富士山が見えるタイミングと所要時間を徹底解説

新幹線から見える富士山の写真

最高のタイミングで見えるのは数十秒

東海道新幹線の車内から富士山が見えるのは静岡県内を通過している数分間です。

速度数百キロで移動しているワケですから、気付かずにスマホなどを操作していればすぐに通り過ぎてしまい、富士山の姿を拝むことはできなくなります。

そこで、新大阪・東京駅の主要駅を出発してからどれくらいで富士山が姿を表すのかを紹介します。上り・下りでタイミングが異なるため、しっかり予習して乗車しましょう。

新大阪→東京「上り方面」新幹線の場合

新大阪駅から東海道新幹線「のぞみ」に乗車した場合、約1時間45分後あたりで窓側に富士山が見え隠れし、新富士駅通過前後が最もよく見えると言われています。

ダイヤの乱れや運行状況に支障が出ている場合、この目安時間は前後します。あくまでに参考程度に留めておいて下さい。

写真撮影するなら上り方面のほうが綺麗に撮れ、線路脇に設置された防音壁や鉄塔といった障害物が写真に入り込まないポイントがあります。

新幹線から富士山がバッチリ見える絶景ポイントとも言えるゾーンはすぐに終わってしまうので、カメラを構えるならいつでもシャッターを切れるよう準備しておきましょう。

東京→新大阪「下り方面」新幹線の場合

東京駅から乗車した場合、東京駅出発から約35分前後で熱海駅を通過した辺りから窓際に富士山が見え隠れし始めます。

カメラを持っているのであれば準備を、スマホの場合は一眼レフカメラなどより撮影が難しいこともあり、しっかりと窓の外にスマホを向けて準備しておきましょう。

新幹線下り線の場合、線路脇に設置された防音壁がかなりの頻度で邪魔をしてくるため、バッチリ綺麗に富士山が見えるのはほんの少しの間です。

次の項目でも説明していますが、車内アナウンスや車内案内板でも案内されることがあるので、タイミングを見逃さないようにしたいですね。

車内アナウンスで教えてくれる場合も

東海道新幹線が富士山に接近した最、車掌さんによる車内アナウンスで知らせてくれる場合もあるようです。

この方の言うように、「進行方向○側、富士山の姿をご覧下さい」などというアナウンスが入ることが度々報告されていて、窓側から外を見る一つの目安になりそうです。

また、ニュースや次に停車する駅などを案内している車内案内板にも同様の内容が表示されることもあります。タイミングを見逃さないためにも注意しておきましょう。

筆者 マサネコ

友人が新幹線に乗った際もアナウンスがあったと教えてくれました。多くの乗客が楽しみにしていることが伺えますね。

座席よりも天気が大事?綺麗な富士山を見るために

ここまでは新幹線の車内から綺麗に富士山を見るために必須とも言える「座席」について説明させて頂きましたが、何より重要なのは当日の天気です。

富士山の近くを新幹線が走行した際、曇っていたり雨が降っていると最悪、富士山が見えなくなってしまいます。

新幹線に乗る前には東海地方(静岡県内)の天気予報を見たほうが良いのと、季節は秋から冬がベストです。空気が澄んでいる時期なので、綺麗に見える可能性が高くなりますよ。

大型連休中の窓際は予約困難?注意点など

新幹線の車内から富士山を見るには「E席」(通路側のD席も可)の予約が必須だと説明してきましたが、年末年始・GW(ゴールデンウィーク)・お盆 などの大型連休中に予約を取るのは難しくなります。

連休前のかなり早い時期から座席を予約しておけば富士山が見える窓側E席の予約も取れると思われますが、仕事の都合で予定通りの休みが取れるとも限りません。

もっとも、年末年始など帰省シーズン中は新幹線の乗車率も100%を超えることが珍しくなく、指定席の予約を取るだけでもやっとの思いです。

普段の平日でも指定席は窓側から埋まっていく傾向にある上、富士山が見える窓側E席は一段と早く予約されてしまいます。

筆者 マサネコ

平日の昼間でもE席から予約が埋まっていくので、大型連休時期の座席確保は難しいことが予想されます。

これからのことから、連休の予定が決まった時点でいち早く新幹線の席を確保するべきですが、窓口まで出向くのは面倒ですよね?

次の項目ではネットから簡単に新幹線の座席が予約できるサービス「スマートEX」について紹介していきます。

スマートEXで座席表を見ながら座席予約するのがおすすめ

新幹線座席予約サービス「スマートEX」ロゴ

スマホから簡単に予約できるサービスです

当サイトの「スマートEXアプリで新幹線に簡単乗車!窓口&券売機での発券不要で超便利」でも紹介していますが、新幹線の座席もネットで予約できる時代です。

予約の流れは紹介記事を見ていただくとして、スマートEXを使えば自宅や外出先から簡単に座席の予約ができます。

簡単な事前予約&無料で使えるサービスなので、駅の窓口まで出向いて予約する必要は一切ありません。新幹線の窓口でも登録しておいた交通系ICカード(スマホアプリにも対応)を改札機にかざすだけでホームまで進めるのでとても便利です。

筆者 マサネコ

旅行や帰省当日、発券手続きや窓口に並ぶ必要がなくなるだけでも混雑回避になりますよ。

スマートEXで席を予約する際、座席画面を見ながら手続きを進めることができます。周囲の席の予約が埋まっているのか・空いているのか一目で分かりメチャメチャ便利です。

スマートEX:座席予約画面

×になっている席はすでに予約されています

上の画像のように、予約できる席は○が表示されるのですが、窓際(特に富士山が見えるE席)から埋まっていき、3列真ん中のB席が最後まで残ることが多いです。

上の画像は筆者が平日昼間の新幹線座席をスマートEXから予約しようとした際の画面ですが、この車両のE席はすべて埋まっていました。

これらのことからも、平日・週末ならばまだしも、年末年始など大型連休中にE席を確保するのは難しいということがお分かり頂けると思います。

日程が確定した時点で早め早めに空き席を確認した方が良いでしょう。

逆を言えば、混雑する時期にE席・D席を予約できた方は超ラッキーです。美しい富士山が見えるといいですね!

この記事のまとめ

  • 新幹線から富士山が見える席はE席(次点でD席)
  • 車内から綺麗に富士山が見えるのは上りの東京方面
  • スマートEXで座席予約すると簡単便利
  • 年末年始など大型連休中のE席確保は極めて難しい